文化振興課 > 田山花袋記念文学館

文化財


 

田山花袋記念文学館

   〈写真〉田山花袋記念文学館

田山花袋記念文学館パンフレット(PDF版)

 
  

館林が生んだ文豪、田山花袋(たやまかたい)の資料の収集・保存・展示を行い、その生涯と文学的業績をさまざまな角度から紹介しています。

 自然主義文学者の先駆けとなった花袋は、島崎藤村、国木田独歩、柳田国男らとの交友を結び、日本文学の近代化に情熱を注ぎました。

 『蒲団』『田舎教師』といった有名な作品をはじめ、初版本、書簡、日記、愛用品なども展示されていると同時に、交友関係なども垣間見ることができます。

〈写真〉企画展示室

〈写真〉常設展示室

〈写真〉復元された書斎

   
<展示情報>
   
  
収蔵資料展
 
  
    ■
期間平成28年6月9日(木)〜平成28年10月16日(日)
       9時00分〜17時00分(入館16時30分まで)
  ■休 館 日:月曜日
      

  ■入 館 料:一般:個人210円(中学生以下無料)
        団体:100円(20名様以上)
   ※入館無料日:毎月第一日曜日(群馬県「家庭の日」)
  
■展示解説会:毎月第一日曜日
         午後2時00分〜午後2時30分(予定)
  ■主  催:館林市教育委員会      


 
          
 <お知らせ>
■展示解説会(参加費無料)
 ・田山花袋記念文学館では、毎月第一日曜日(午後2時から)に展示解説会を行っています。展示内容の解説はもちろん、展示の裏話や花袋のエピソードなど、様々な内容でお送りします。

 
<次回解説会> 7月3日(日) 
            午後2時から          

 
  皆様のご参加を心よりお待ちしております。
【重要なお知らせ】 
 「たてばやしの資料館スタンプラリー」の終了について
 誠に勝手ながら、 平成27年9月30日(水)午後5時をもちまして、
「たてばやしの資料館スタンプラリー」は終了いたします。

ラリー用紙をお持ちのかたで、1個以上押印のあるものについては、
文化振興課事務室(文化会館)にて、記念品と交換いたします。
 交換期限は、平成28年9月30日です。





<田山花袋記念文学館 年報9発行しました。>
年報はこちらからご覧ください。

ご利用案内

開館時間

午前900〜午後500

休館日

月曜日    祝日の翌日
年末年始  臨時休館日

入館料 一般:210円(中学生以下無料)
団体:100円(20人以上)


※障害者手帳をお持ちの方は、お申出により入館料が減免(無料)となります。

所在地 374-0018 館林市城町1-3
TEL 0276-74-5100
無料開館日

13日…「花袋忌」
5月31日…ふるさとづくり市民フェスティバル
1028日…群馬県民の日
毎月第一日曜日「家庭の日」


*田山花袋記念文学館研究紀要第27号まで刊行中。


田山花袋についてさらに詳しく!

田山花袋について詳しく知りたい方はこちらへどうぞ。

『田山花袋の旧居』のページはこちらです。

展示図録などの購入についてはこちらです。

田山花袋記念文学館やってみよう!

ワークシート

展示を見てクイズに挑戦!

小学生・中学生のみなさん、ぜひどうぞ!!

ぶんがくかんマップ

たやまかたいってどんな人?


―お問い合わせ―
館林市教育委員会
文化振興課 文化財係
TEL:0276-74-4111
FAX:0276-74-4113
E-mail bunka@city.tatebayashi.gunma.jp
田山花袋記念文学館トップへ