文化振興課  田山花袋記念文学館 > 田山花袋について

田山花袋について

 

ふるさと〜館林と田山花袋〜

田山花袋は、明治41213日館林に生まれました。本名は録弥と言います。田山家は、旧館林藩主秋元家に仕え、江戸時代に山形から館林に移り住みました。


花袋は一家して上京する明治19年まで館林で過ごしました。館林東学校に学ぶかたわら、旧館林藩儒者吉田陋軒に漢学を学び、この頃から漢詩文を雑誌に投稿するなど、文学に目覚めていきます。


ふるさと館林での生活は『ふる郷』『小さな鳩』『幼なき頃のスケッチ』などに描かれています。


〈写真〉田山花袋

田山花袋


文学者・花袋〜田山花袋と文学〜

上京した花袋は、明治24年、尾崎紅葉を訪れ、小説家を志します。英語を学びながら西欧文学に触れた花袋は新しい文学を試み、明治40年『蒲団』の発表により、日本の自然主義の確立者として、近代文学界に大きな足跡を残しました。


続いて『生』『妻』『縁』の三部作や、『田舎教師』を発表。晩年には歴史小説や、心境小説に取りくみ、その一生を文学ひとすじに歩みました。


田山花袋略歴

明治4

1871

1213日、田山十郎・てつの次男として生まれる。

10

1877

5

十郎西南戦争にて戦死。館林東学校に入学。

16

1883

11

この頃から吉田陋軒に漢学を学びはじめる。

19

1886

14

一家して上京。

22

1889

17

この頃、松浦辰男に和歌を学ぶ。

24

1891

19

尾崎紅葉を訪ねる。小説「瓜畑」を発表。

27

1894

22

和歌を「文学界」に投稿。

29

1896

24

この頃、島崎藤村・国木田独歩に出会う。

32

1899

27

太田玉茗の妹りさと結婚。博文館に入社。

35

1902

30

『重右衛門の最後』を発表。

37

1904

32

日露戦争第二写真班員として従軍。

40

1907

35

『蒲団』を発表し、自然主義文学の代表となる。

41

1908

36

『生』を発表。

42

1909

37

『妻』『田舎教師』を発表。

43

1910

38

『縁』を発表。

45

1912

40

博文館を退社。

大正5

1916

44

『時は過ぎゆく』を発表。

6

1917

45

『一兵卒の銃殺』『東京の三十年』を発表。

13

1924

52

『源義朝』を発表。

昭和5

1930

58

513日没、東京多磨墓地に葬られる。

(年齢は、明治5年暦法改正を考慮し満年齢で換算)


▲ 田山花袋記念文学館トップへ