地区計画区域内における行為届出

2017年8月4日

地区計画の区域内で建築などの一定の行為を行う場合は、次のとおり届出が必要です。

 

必要書類

(1)行為届出書(2部)

(2)添付図書等(各2部)

行為の種類

図面

縮尺

備考

土地の区画形質の変更

位置図

1/1,000以上

行為を行う土地の区域と周辺との位置関係を表示

設計図

1/100以上

造成計画平面図等

建築物の建築又は工作物の建設、建築物等の用途の変更、建築物等の形態又は意匠の変更

位置図

1/1,000以上

行為を行う土地の区域と周辺との位置関係を表示

配置図

1/100以上

敷地内における建築物又は工作物の位置を表示

立面図

1/50以上

2面以上・色彩を表示

平面図

1/50以上

各階のもの(建築物の場合)

日影図

任意

谷田川北部地区で高さ10メートルを超える場合 

木竹の伐採

位置図

1/1,000以上

行為を行う土地の区域を表示

設計図

1/100以上

行為の施行方法を明らかにする図面


※野辺地区・谷田川北部地区・渡瀬南部地区は、緑化率の算定根拠が判断できる資料(緑化部分を記した平面図等)を添付してください
※その他、地区計画で制限されている内容に応じて、参考となる事項を記載した図書を添付してください
※建築確認に使用する図面を準用する場合、、縮尺は上記によらないことができます

 

提出期限

行為着手30日前まで

 

書式ダウンロード

名称

ダウンロードファイル

地区計画の区域内における行為の届出書

WORD(34KB)

PDF(46KB)

地区計画の区域内における行為の変更届出書

WORD(14KB)

PDF(93KB)

関連記事

関連ワード

お問い合わせ

都市計画課
電話:0276-72-4111