館林市教育研究所

2017年6月7日

館林市教育研究所は、本市の教育研究所設置条例、教育研究所の組織及び運営に関する規則、並びに館林市教育委員会教育行政方針に基づき、本市の今日的な教育課題を解決するために、以下のような事業を行っています。
また、教育センターとしての役割を果たすため、幼児から青少年までの教育相談や教職員の研修、保護者への啓発を推進し、開かれた研究所の実現を目指しています。

館林市教育研究所

1 運営事業

(1)群馬県教育研究所連盟の加盟及び連携

(2)資料の収集・整備(教育資料・教科書・心理検査器具等:閲覧及び貸し出し可)

貸出図書一覧(281KBytes)

貸出検査器具一覧(47.1KBytes)

(3)Webページの更新(研究所の主要事業、適応指導教室の紹介)

 

2 教育研究事業

(1)班別研究の実施(教職員による2年計画で行う教育研究)

(2)教育論文の募集

(3)教育資料の刊行(研究所だより、研究紀要等)

(4)教育研究所発表会(市内の幼稚園・小学校・中学校の教職員を対象)

(5)研修会・学習会等における講師の派遣

(6)教職員を対象とした研修講座の開催(教育相談初級研修講座、中堅教員研修講座、特別支援教育研修講座、所員研究員合同研修講座等)

平成29年度教育研究所研修講座一覧(135KB)

 

3 教育相談事業

「★」印があるものは、不登校等で悩まれているかたに対応した事業です

(1)子ども相談室の運営(電話相談、来所相談、訪問相談)★

  • 電話相談:専用電話73‐4152
  • 来所相談:事前予約(電話72‐0542)をしての相談
  • メール相談(青少年センター事業):送信先seishonen@city.tatebayashi.gunma.jp

子ども相談室(84KB)

(2)幼稚園巡回教育相談の実施(学期1回:保護者対象、教職員も可)★

(3)不登校を考えるつどいの開催(保護者向け、教職員向けに分けて実施)★

(4)教育講演会の開催(学校不適応対策事業の一環)★

(5)適応指導教室「ふれあい学級」の運営(不登校児童生徒の支援)★

(6)学校教育相談(コンサルテーション・訪問相談)の実施

(7)学校不適応対策会議の開催(各校の教育相談担当者による不登校・いじめ等への支援のため)

(8)学校相談員連絡協議会の開催(中学校配置の相談員と教育研究所相談員による研修及び情報交換)

(9)就学を控えた保護者への講話の実施(公立幼稚園対象)

(10)館林勤務スクールカウンセラー連携会議の開催(学区内の児童生徒に関する情報共有等)

 

4 「心の教室相談員」配置事業

(1)市内全中学校への相談員の配置

 

問合せ

館林市教育研究所(郵便番号374‐0029 仲町14‐1 電話72‐0542(ファクス兼用))

地図

教育研究所

関連ワード

お問い合わせ

学校教育課
教育研究所
電話:0276-72-0542