館林市の行政改革

2016年9月6日

行政改革とは

簡素で効率的な生産性の高い行政を実現するために、行政の組織や制度、サービス提供のあり方などを継続的に見直し、改善・改革に取り組んでいくことです。
これによって、行政サービスの受益者である市民の皆さんの福祉の更なる向上を目指し、「住んでいてよかった」と思われるまちづくりを進めます。

 

第六次行政改革大綱(推進期間:平成27年度~平成31年度)

全国的に人口減少と超高齢化の進行が予測されており、館林市においても例外ではありません。行財政運営を取り巻く状況も依然として厳しいものがありますが、より良い市民生活のために、安定した行政サービスの提供が必要です。
第五次行政改革大綱の推進計画は平成26年度末で終了しましたが、今後も課題解決に向けて取り組んでいく必要があるため、新たに館林市第六次行政改革大綱を策定し、着実に行政改革に取り組んでいきます。
館林市第六次行政改革大綱(197KB)
館林市第六次行政改革大綱推進計画(643KB)

実績一覧表及び実績報告書(平成27年度)(337KB)

 

第五次行政改革大綱(推進期間:平成22年度~平成26年度)

平成22年度から平成26年度までの推進期間が終了しました。

第五次行政改革大綱(215KB)

第五次行政改革大綱推進計画(平成27年度更新版)(343KB)

 

地方行政サービス改革の取組状況の公表

平成27年4月1日現在における、地方行政サービス改革の取組状況について、下記のとおり公表します。

地方行政サービス改革取組状況(館林市)(282KB)

※総務省ウェブサイトにおいて、全国の自治体の取組状況や今後の対応方針を公表しています。詳しくは、こちら(地方行政サービス改革の取組状況等に関する調査)をご覧ください

関連記事

関連ワード

お問い合わせ

企画課
電話:0276-72-4111