住宅リフォーム資金助成金・多世代同居支援助成金

2019年4月1日

住宅リフォーム資金助成金


市内に本店がある施工業者に発注し、個人住宅をリフォーム工事したかたへ助成金を交付します。

また、移住定住支援制度として、市外から市内へ転入するかたも助成金を交付します。当該年度中に市内の物件を個人住宅用に取得し、市内へ転入し住民登録するかたもご活用ください。

 

対象(次のいずれかに該当するかた)

(1)平成31年3月31日以前から市内に住民登録がある

(2)令和2年3月31日までに市内の物件を住宅用に購入し、かつ、市内に転入し住民登録をする

※いずれも過去にこの助成金を利用したことがなく、市税などの滞納がないかた

 

対象となる建物

  • 建築後5年以上経過している市内の個人住宅(マンションなどは専用部分)
  • 店舗等併用住宅は、個人住宅部分と面積を案分して算出した部分
  • 過去に同助成金を利用したリフォーム工事をしていない住宅

 

対象工事

  • 市内に本店がある施工業者による、20万円(税込)以上の内外装改修、増改築などの未着工のリフォーム工事
  • 令和2年3月末日までに完了報告できる工事

 

助成金額

(1)に該当するかたは工事費の10分の1(上限3万円)

(2)に該当するかたは工事費の3分の1(上限30万円) 

※市内登録店舗で使用できる館林市金券で交付します

 

提出書類

※必ず着工前に申請してください

(1)申請

  (1)に該当するかた

(2)に該当するかた

申請書

(1)住宅リフォーム資金助成金交付申請書(46KB)

(2)住宅リフォーム資金助成金課税台帳等閲覧承諾書(24KB)

添付書類
  • 工事図面等
  • 着工前の写真
  • 工事費見積書の写し

 

 

(2)完了報告

  (1)に該当するかた

(2)に該当するかた

申請書

(1)住宅リフォーム資金助成金工事完了報告書(35KB)

(2)住宅リフォーム資金助成金請求書(24KB)

添付書類
  • 工事完了後の写真
  • 工事の請求明細書の写し等
  • 領収書等の写し

 

 

注意事項

  • 着工後の受付はできませんので、必ず着工前に相談・申請してください
  • 追加工事は対象となりません
  • 対象者本人が居住する住宅が対象
  • 車庫、外溝、物置など、対象とならない工事もあります

 

多世代同居支援助成金


上記、住宅リフォーム資金助成金の交付決定を受けたかたで、多世代同居の要件に該当する場合は、住宅リフォーム資金助成金に上乗せして、一律15万円を交付します。

 

助成対象要件(全ての要件に該当するもの)

  • 住宅リフォーム助成資金交付決定後、令和2年3月31日までに多世代同居をすること
  • 多世代同居をする全員が対象となる住宅について、住宅リフォーム資金助成金及び多世代同居支援助成金の交付決定を過去に受けていないこと
  • 多世代同居する全員が市税を滞納していないこと

※多世代同居とは、申請者(リフォーム資金助成金の交付決定を受けたかた)が、祖父母世帯・親世帯・子世帯・孫世帯等と同居すること

 

助成金額

15万円

※市内登録店舗で使用できる館林市金券で交付します

 

提出書類

  • 申請書

(1)多世代同居支援助成金交付申請書(34KB)

 

  • 報告書

(1)多世代同居支援助成金同居完了報告書(35KB)

(2)多世代同居支援助成金課税台帳等閲覧承諾書(34KB)

(3)多世代同居支援助成金請求書(32KB)

 

該当事例

該当事例

※詳しくはお問い合わせください

 

共通事項


申請先・問合せ

商工課工業振興係(内線204)へ

 

関連ワード

お問い合わせ

商工課
電話:0276-72-4111