児童館概要

2017年4月1日

児童館とは

児童館は、全ての子どもたちがよりよい環境の中で生活し、遊びや文化的な活動を通して、豊かに育つことを目指して造られた子どもたちのための施設です。遊びや生活の援助、地域における子育て支援を行い、子どもを心身ともに健やかに育成することを目的としています。
市内には3か所の児童館があり、0歳から18歳未満の児童とその保護者ならどなたでも利用することができます。

 

活動方針

(1)仲間づくり
学校や年齢の異なる子どもたちが、さまざまな交流を通して、誰とでも仲良く遊ぶことができる豊かな心を育みます。
(2)体力づくり
遊びやスポーツを通して、体力の向上とがんばる心を育てます。
(3)礼儀作法
進んで挨拶をし、物をたいせつにするなど、集団や社会の一員としてのルールや礼儀を学びます。

 

主な事業内容

【乳幼児教室】
主に0歳から2歳までの乳幼児の親子を対象に、手あそびや歌、工作、季節の行事などを取り入れたふれあい教室を実施しています。
定員制の教室や当日参加できる教室などさまざまな教室があり、親子の触れ合いや仲間づくり、子育ての悩み相談の場として人気があります。

乳幼児教室

 

【小学生教室】
誰とでも仲良く遊ぶことができる協調性や体力づくりを目的として、スポーツや製作、料理、自然体験活動などを行う小学生教室を実施しています。
定員制の教室や当日参加できる教室などさまざまな教室があり、学校や学年の異なる子どもたちが交流でき、仲間づくりや楽しい居場所、遊び場となっています。

小学生教室

 

【一般事業】
「音楽会」や「こどもまつり」、「アドベンチャーキャンプ」、「獅子舞をみよう」などの季節に合わせた行事や、地域のかたとの交流事業を実施しています。

一般事業


※詳しい事業内容は、児童館だよりや広報館林でお知らせします

関連記事