食中毒の予防

2013年5月13日

予防3原則

(1)細菌をつけない(清潔)
(2)細菌を増やさない(迅速)
(3)細菌をやっつける(十分に加熱)

 

予防のポイント

(1)食品の購入

消費期限を確認して、新鮮な物を必要な量だけ購入する

(2)家庭での保存

持ち帰ったらすぐに冷蔵庫や冷凍庫に保存する

(3)下準備

手を洗う。きれいな調理器具を使う。使った調理器具はきちんと洗って消毒保管する

(4)調理

手を洗う。食品は中心まで熱が届くように、じっくり加熱する

(5)食事

手を洗う。食事の用意が出来たら、早めに食べる

(6)残った食品

きれいな器具や容器で冷蔵庫に保存し、食べるときは再加熱する

※腹痛や下痢など、食中毒が疑われる場合は、医師の診察を受けましょう

 

参考

厚生労働省ホームページ

(1)食中毒情報はこちら

(2)家庭でできる食中毒予防の6つのポイントはこちら

「家庭でできる食中毒予防の6つのポイント」チラシ(199KBytes)

 

問合せ

健康推進課(保健センター内 電話74‐5155)

関連ワード

お問い合わせ

健康推進課(保健センター)
電話:0276-74-5155