ジェネリック医薬品に関するお知らせ

2015年9月16日

ジェネリック医薬品に切り替えた場合に薬代が安くなるかたへ「ジェネリック医薬品に関するお知らせ」を発送します。薬を選ぶときの参考にしてください。

 

ジェネリック医薬品とは

新薬の特許が切れた後に作られる、新薬と同等の効能・効果があると国が認める後発医薬品のことです。新薬に比べて価格が安いため、支払う薬代を安くでき、医療費を抑える効果があると考えられています。

 

発送時期

  • 8月下旬(6月診療分)
  • 2月下旬(12月診療分)

 

対象

国民健康保険加入者で、処方された薬をジェネリック医薬品に切り替えると、薬代が200円以上安くなるかた
※ジェネリック医薬品へ切り替えるときは、事前に医師・薬剤師に相談してください。また、薬によっては切り替えができない場合があります

 

参考サイト(厚生労働省)

 

問合せ

保険年金課国保係(内線625・628)
※ジェネリック医薬品差額通知書の内容に関するご質問は、ジェネリック医薬品差額通知コールセンター(フリーダイヤル0120-53-0006)へお問い合わせください

お問い合わせ

保険年金課
電話:0276-72-4111