市税等滞納により差押えた不動産の公売を行います

2018年9月13日

今回の公売は、館林市の他、太田市、桐生市、みどり市、明和町、大泉町、邑楽町、太田行政県税事務所、桐生行政県税事務所が合同で実施し、全ての執行機関が同一の時間・会場で行います。公売の会場は、群馬県太田合同庁舎会議用庁舎2階202会議室です。

※館林市-3、館林市-5は公売中止となりました

 

公売スケジュール

受付・公売保証金納付受付時間

11月22日(木曜日) 午後1時~2時

入札の説明

11月22日(木曜日) 午後1時40分~2時

公売の方法

期日入札

公売の日時

入札:11月22日(木曜日) 午後2時~2時10分
開札:11月22日(木曜日) 午後2時11分から順次

公売の場所

群馬県太田合同庁舎会議用庁舎2階202会議室
(群馬県太田市西本町60‐27)

会場地図(69KB)

売却決定の日時

11月29日(木曜日) 午前10時

売却決定の場所

館林市の公売物件は館林市役所501B会議室

買受代金納付期限

11月29日(木曜日) 午後2時30分

※午後1時40分から入札の説明を行いますので、それまでに受付(公売保証金の納付)が済むよう、時間に余裕を持ってお越しください。物件が多数のため、受付に時間がかかることがあります

公売(入札)当日に必要なもの

公売保証金

現金又は小切手
※群馬中央手形交換所参加地域を支払地とする金融機関振出の預金小切手に限ります

印鑑(スタンプ式は不可)

個人名で入札するとき:本人の印鑑
法人名で入札するとき:当該法人の代表者印
共同で購入するとき:入札されるかたの印鑑

収入印紙(200円)

入札者が営利法人又は個人営業者の場合に必要です。
※公売保証金が50,000円未満の場合は必要ありません

農業委員会等から交付された買受適格者証明書

公売財産が農地などの場合に必要です。
買受適格者証明書は下記の期間内に農業委員会へ交付申請手続きを済ませてください。

・館林市‐2、4、7について

9月6日(木曜日)~10日(月曜日)・10月9日(火曜日)~10日(水曜日)

委任状及び代理人の印鑑

代理人が入札する場合、以下が必要です。
・代理人の印
委任状(146KB)
※法人の代表権限を有しないかた(従業員など)が法人名で入札手続きを行う場合も委任状が必要です

共同入札代表者の届出書及び代表者の印鑑

共同入札者の中から指名された代表者が入札する場合、以下が必要です。
共同入札代表者の届出書(66KB)
入札されるかた以外の共同入札者全員からの委任状(146KB)


本市の公売物件

詳細は以下の物件明細書をご覧ください。

※館林市-3、館林市-5は公売中止となりました

売却区分番号

物件所在

備考

館林市‐1(972KB)

苗木町字苗木西

土地付建物

館林市‐2(786KB)

館林市上三林町字壱丁根

公売中止

 

 

館林市‐4(689KB)

館林市当郷町字草倉 

公売中止

 

 

館林市‐6(1MB)

館林市細内町字細内

宅地

館林市‐7(841KB)

館林市田谷町字谷中

※入札にあたっては、以下の資料を確認してください

入札されるかたへ(18KB)

公売のしおり(17KB)

注意事項

(1)この注意事項のほか、執行機関の「公売公告」、「物件明細書」等に記載されている内容を必ずご確認のうえ、入札に参加してください
(2)あらかじめ公売財産の現況及び関係公簿等を確認したうえで入札してください
(3)公売財産は、直前に公売を中止する場合がありますので、事前に確認してください
(4)見取図等は、現地の状況を写真等でイメージしやすくするために作成したものであり、縮尺、位置等は実際と異なる場合があります。あくまでイメージするための参考としてお考えください
(5)執行機関は、公売財産の引渡の義務を負いません。物件内の動産類やゴミなどの撤去、占有者の立ち退き、前所有者からの鍵の引渡等についても、すべて買受人自身で行っていただきます
(6)執行機関は瑕疵担保責任を負いません
(7)執行機関は、不動産登記簿上の権利移転のみ行います。所有権移転登記に際し、登録免許税が別にかかります。また、後日、不動産取得税(県税)、毎年の固定資産税(市町村税)が課税されます
※このホームページの内容はあくまで概略です。納税課で公売財産明細書を閲覧できますので、入札前に必ず物件の詳細をご確認ください

 

今回の公売に参加する執行機関

太田市
桐生市
みどり市
板倉町
明和町
千代田町
大泉町
邑楽町
太田行政県税事務所
桐生行政県税事務所 

地図

公売会場

関連ワード

お問い合わせ

納税課
電話:0276-72-4111