国民年金保険料の納付免除制度、納付猶予制度

2017年4月17日

本人・配偶者・世帯主の前年所得(1月から6月までに申請される場合は前々年所得)が一定額以下の場合には、申請して承認されると保険料の納付が免除になります。免除される額は、全額、4分の3、半額、4分の1の4種類があります。
また、20歳から50歳未満のかたで本人・配偶者の前年所得(1月から6月までに申請される場合は前々年所得)が一定額以下の場合には、申請して承認されると保険料の納付が猶予されます。

 

申請に必要な物

年金手帳、印鑑
※失業等による申請の場合は、雇用保険受給資格者証の写し、又は雇用保険被保険者離職票の写しなどが必要です

 

申請先・問合せ

保険年金課年金係(内線618)

 

免除制度及び納付猶予制度の詳細はこちら(日本年金機構ホームページ)をご覧ください

※保険料の免除や納付猶予の承認を受けた期間がある場合は、老齢基礎年金の年金額を計算するときに、保険料を全額納付した場合と比べて年金額が低額となります。免除等の承認を受けた期間の保険料については、後から納付(追納)することにより、老齢基礎年金の年金額を増やすことができます。追納の詳細はこちら(日本年金機構ホームページ)をご覧ください

関連記事

お問い合わせ

保険年金課
電話:0276-72-4111