手足口病の流行について(警報解除)

2017年10月5日

2017年第30週(7月24日~7月30日)の1医療機関当たりの患者報告数が県全体で国の警報発令の基準値である5人を超えたため、8月1日に、手足口病の警報が発令されました。

その後、警報終息値を下回り、10月3日に警報は解除されました。引き続き、手洗い・うがい・咳エチケットなど感染予防対策を心がけましょう。

手足口病は、口の中・手・足を中心に水ぶくれを伴う発疹ができる急性のウイルス感染症です。主に、患者の咳やくしゃみをから飛び散ったしぶき(ウイルス)を吸い込んだり、手を介して口に触れたりすることでうつります。こまめな手洗いとうがいで、手足口病を予防しましょう!

 

 

参考サイト

感染症情報(群馬県ホームページ)

 

問合せ

健康推進課(保健センター内 電話74-5155)

関連ワード

お問い合わせ

健康推進課(保健センター)
電話:0276-74-5155