一般介護予防事業

2017年4月3日

介護予防とは、いくつになっても元気で自分らしく生きいきと暮らしていくために、介護を受ける状態にならないようにすること、また介護が必要になった場合でもそれ以上悪化させないようにすることです。本市では、次のとおり各種事業を行っています。



市内在住の65歳以上の全てのかたが参加できる事業


1.介護予防講演会
ご自身やご家族に役立てていただくため、健康づくりや認知症予防などの講演会を毎年実施しています。

 

2.介護予防のための教室
元気で自立した生活を続けられるように、運動や栄養などに関する各種教室を随時開催しています。

 

3.介護予防についての出前講座
皆さんからの要望に応じて、市職員などが地域に伺い、講座を開催します。地域の高齢者で集まって運動をしたい、栄養やお口の健康、認知症について聞きたいなど、ご希望がありましたら気軽にご相談ください。
〔講座の内容〕
 ・介護予防体操(椅子に座ってできる体操、ボール体操、セラバンド体操など)
 ・低栄養の予防についての講話
 ・お口の健康について(歯磨きや入れ歯の手入れ、口腔体操など)
 ・認知症についての講話

 

4.元気はつらつひろば
健康づくりのために、運動や脳トレーニング学習などを毎週2回開催しています。簡単な計算や音読、体操は、認知症予防にも効果があると言われています。参加回数は自由ですので、お気軽にお越しください。「元気はつらつひろば」の詳細は、こちらをご覧ください。

 

5.生きいきサークル
公民館などの市内12か所(17団体)で、ストレッチや筋力アップ体操、脳トレなど介護予防のための体操を行っています。 

※対象は、市内在住の65歳以上のかた

サークル名

日程

時間

会場

問合せ

生きいきサークル郷谷

第2・4水曜日

午後1時30分~3時

郷谷公民館

 

 

高齢者あんしん相談センタークローバー荘
(電話77‐1165)

 

 

生きいきサークル 大島

第2・4木曜日

午前10時~11時30分

大島公民館

生きいきサークル仲町

第2・4火曜日

午後1時30分~3時

 

老人福祉センター

 

生きいきサークルはつらつ会

第1・3水曜日

午後1時30分~3時

生きいきサークル分福

第1・3月曜日

午後1時30分~3時

分福公民館

 

 

 

高齢者あんしん相談センター新橋
(電話75‐3013)

 

 

 

第2・4月曜日

午前10時~11時30分

 

生きいきサークル苗木

 

第2・4火曜日

午後1時30分~3時

 

総合福祉センター

 

第2・4金曜日

午後1時30分~3時

生きいきサークル三野谷

第2・4木曜日

午後1時30分~3時

三野谷公民館

 

生きいきサークル多々良

 

第1・3金曜日

午後1時30分~3時

 

多々良公民館

 

 

 

 

高齢者あんしん相談センター東毛光生園
(電話72‐2060)

 

 

 

第2・4金曜日

午後1時30分~3時

生きいきサークル渡瀬

第1・3火曜日

午後1時30分~3時

渡瀬公民館

 

生きいきサークル西

 

第1・3火曜日

午前10時~11時30分

 

西公民館

 

第2・4木曜日

午前10時~11時30分

生きいきサークル城沼

第2・4月曜日

午前10時~11時30分

城沼公民館

 

高齢者あんしん相談センター社会福祉協議会
(電話60‐5670)

 

 

生きいきサークル赤羽

第1・3水曜日

午後1時30分~3時

赤羽公民館

生きいきサークル六郷

第2・4水曜日

午後3時~4時

六郷公民館


6.楽らく!脳トレ講座(認知機能の向上)
座学を基本とした、脳の活性化を図る講座です。ふだんの生活や運動とは異なるアプローチで、脳を刺激することができます。iPadを使った脳トレが好評です。「楽らく!脳トレ講座」の詳細は、こちらをご覧ください。

 

7.健康力アップ教室(運動機能の向上)
運動を中心とした、体力の向上を図る教室です。継続できる運動方法や健康維持の秘けつについて学ぶことができます。「健康力アップ教室」の詳細は、こちらをご覧ください。

 

8.元気はお口の健康から(口腔機能の向上)
歯科医師や歯科衛生士による講話・実技を交えた教室です。介護予防に重要とされるお口の健康を見直しましょう。「元気はお口の健康から」の詳細は、こちらをご覧ください。

 

 

地域での介護予防の取り組みを始めたいかたへの事業


1.介護予防サポーター養成研修

介護予防について正しく理解し、地域で自主的に介護予防に取り組み、地域の高齢者を支援するボランティアを養成しています。
初級・中級・上級研修修了者は、介護予防サポーターとして、高齢者支援課や高齢者あんしん相談センター(地域包括支援センター)が実施する介護予防関連事業への参加や、地域の人に介護予防の運動などを広める活動を行います。

 

館林市の介護予防サポーター養成研修修了者数

平成21年度~27年度の合計:初級274人、中級181人、上級51人
※重複あり

 

2.介護支援ボランティア制度~シニアの生きがいボランティアさんを募集しています~

平成25年より、介護支援ボランティア制度を始めました。高齢者の皆さんの地域での社会参加、地域貢献活動を推進し、ご自身の介護予防・健康増進につなげていただくことを目的としたもので、ボランティア活動をポイント化し、そのポイントを換金できる制度です。
いつまでも元気シニアでいるために、ボランティア活動をしてみませんか。

 

登録できるかた

市内在住の65歳以上で、次の要件に該当するかた
 ・要介護(要支援)認定を受けていない
 ・介護保険料及び市税の滞納がない

 

ポイントの対象となる活動

(1)介護保険施設での高齢者支援活動(市が指定した施設での活動)
〔市内の介護支援ボランティア受入施設〕

施設名

住所

電話

特別養護老人ホーム 東毛光生園

成島町862‐4

75‐1260

特別養護老人ホーム クローバー荘

田谷町1187‐1

77‐2230

特別養護老人ホーム ヴィレージュ

岡野町335‐1

71‐1682

特別養護老人ホーム 赤羽の郷

赤生田町648‐9

71‐0710

介護老人保健施設 ナーシングホーム館林

赤生田町1865‐1

75‐3711

介護老人保健施設 すみれの里

坂下町3191‐1

75‐6511

 

(2)市及び高齢者あんしん相談センターが実施する介護予防事業の補助活動

 

活動内容

 ・利用者の話し相手・傾聴
 ・お茶出しや食堂内の配膳・下膳などの補助
 ・レクリエーション
 ・介護予防事業の補助(準備、受付、体操の支援など)

 

制度の流れ

(1)館林市社会福祉協議会で登録申請
 登録申請書を市社会福祉協議会へ提出します。
(2)ボランティア活動事前研修受講
 研修受講後、介護支援ボランティアとして登録され、介護支援ボランティア手帳が交付されます。
 ※ボランティアとして登録・活動するには、この事前研修が必要です
(3)ボランティア活動
 上記、市内の介護支援ボランティア受入施設や高齢者あんしん相談センターなどでボランティア活動を行います。
(4)スタンプの押印・評価ポイントの付与
 活動終了後に、介護支援ボランティア手帳にスタンプが押印されます。活動時間1時間につきスタンプ1個(1日の上限2個)です。スタンプ数により評価ポイントが付与されます。
(5)交付金の交付
 評価ポイントは、翌年度に交付金(年間で最高5,000円)として換金することができます。ボランティア活動の翌年度4月~9月に交付金交付申請手続きを受け付けます。

 

スタンプ数

評価ポイント

評価ポイント転換交付金の額

1個~9個

0ポイント

0円

10個~19個

10ポイント

1,000円

20個~29個

20ポイント

2,000円

30個~39個

30ポイント

3,000円

40個~49個

40ポイント

4,000円

50個以上

50ポイント

5,000円

 

 

老人福祉センターの運動器具が利用できます


老人福祉センターの機能回復訓練室に、新たにウォーキングマシン、電動サイクルマシン、マルチホームトレーナーを設置しました。体力づくりのために、ぜひご利用ください。

 

運動器具1 運動器具2

利用時間

月曜日~金曜日(休館日を除く) 午前9時~午後4時

 

対象者

市内在住の介護予防や健康づくりに取り組むかた

 

利用料

無料

 

利用の流れ

(1)運動器具使用方法説明会の受講
 初めて利用するかたは、運動器具使用方法説明会に参加してください。

※説明会は、毎月第2金曜日(祝日・休館日を除く)の午前10時~11時に老人福祉センター機能回復訓練室で開催
(2)申込書の記入
※申込書の記入後、ご自身の健康管理に役立つ運動器具利用手帳をお渡しします

 

関連記事

関連ワード

お問い合わせ

高齢者支援課
電話:0276-72-4111