未登記家屋の名義変更

2017年9月25日

売買や相続などにより、登記されていない家屋(未登記家屋)の名義変更をしたい場合、法務局へ登記していただく必要があります。
ただし、未登記のまま課税上の名義のみ変更したい場合は、家屋名義人変更申請書に必要書類を付けて、税務課資産税係へ提出していただければ変更ができます。
名義変更の理由によって、必要書類が異なりますので、以下のとおり提出してください。
賦課期日(1月1日)までに申請書一式を提出していただければ、翌年度より新所有者に課税となり、また、賦課期日より後であれば、翌年度は旧所有者に課税をし、翌々年度より新所有者への課税となります。

 

名義変更に必要なもの(家屋名義人変更申請書以外は写しで可)

(1)売買の場合

・家屋名義人変更申請書
 ・売買契約書…該当物件の取り扱いについての文言が含まれているもの
 ・印鑑証明書…売主・買主双方のもの

 

(2)相続の場合

・家屋名義人変更申請書…被相続人(亡くなった方)の実印は不要です
 ・相続関係説明図(もしくは戸籍謄本)…相続の権利を持つ範囲を確認できるもの
 ・遺産分割協議書…該当物件の取り扱いについての文言が含まれているもの
 ・印鑑証明書…相続人全てのもの(被相続人のものは必要ありません)

 

(3)贈与の場合

・家屋名義人変更申請書
 ・贈与証明書…該当物件の取り扱いについての文言が含まれているもの
 ・印鑑証明書…贈与者・受贈者双方のもの

 

(4)(1)~(3)以外の理由の場合

・家屋名義人変更申請書
 ・所有権移転の経緯を確認できるもの(賃貸借契約書、金銭貸借契約書、合意書など)
 ・印鑑証明書…新・旧所有者双方のもの

 

〔様式ダウンロード〕

家屋名義人変更申請書(94KB)

家屋名義人変更申請書(記入例)(112KB)

 

問合せ

税務課資産税係(内線608~610・683)

関連ワード

お問い合わせ

税務課
電話:0276-72-4111