障がい者に対する税金・交通運賃・公共料金の減免・割引等

2016年8月18日

自動車税・自動車取得税の減免

障がい者が所有する自動車(18歳未満の場合は生計を一つにする者が所有する自動車)について、障がい者1人につき1台に限り、自動車税及び自動車取得税の全額が免除となります。
対象:身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者手帳をお持ちで、一定の基準に該当するかた
窓口:館林行政事務所県税部(電話72‐4461)、又は群馬県自動車税事務所(電話027‐263‐4343)
※軽自動車税については、市税務課(内線605~607)へ

 

運賃の割引

(1)鉄道運賃の割引
一定の条件を満たす場合、普通乗車券、定期乗車券、回数乗車券、急行券が5割引で購入できます。

【旅客鉄道株式会社(JR)、東武鉄道】
対象:身体障害者手帳、療育手帳をお持ちのかた
窓口:各駅等

【上信電鉄、上毛電気鉄道、わたらせ渓谷鉄道】
対象:身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちのかた
窓口:各駅等

※内容がそれぞれ異なる場合がありますので、詳しくは各鉄道会社にお問い合わせください


(2)国内航空運賃の割引
一定の条件を満たす場合、運賃が割引になります。割引率は航空会社又は路線によって異なります。
対象:身体障害者手帳、療育手帳を持っている12歳以上のかた
窓口:各国内航空会社。ただし、知的障がい者は、判定機関(各児童相談所、心身障害者福祉センター)で手帳に証明を受けてください。

 

有料道路通行料金の減免

対象:身体障がい者が自ら運転し、有料道路を通行する場合
第1種の身体障がい者又は知的障がい者を乗せて、介護者が運転し、有料道路を通行する場合
割引金額:通常料金の半額
申請窓口:社会福祉課障がい福祉係

 

NHK受信料の減免

【全額免除】
身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳のいずれかを持っているかたが属する世帯で、かつ、世帯構成員全員が市町村民税(特別区民税を含む)非課税の場合
【半額免除】
・世帯主が視覚障がい又は聴覚障がいの身体障害者手帳を持っている場合
・世帯主が障害等級1級又は2級の身体障害者手帳、A判定の療育手帳、1級の精神障害者保健福祉手帳のいずれかを持っている場合
窓口:NHK前橋放送局(市社会福祉課に申請用紙があります)

 

携帯電話の障がい者割引

対象:身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持っているかた
内容:基本使用料金の割引等が受けられます(具体的な内容な窓口で確認してください)
窓口:携帯電話各社取扱店

 

NTT番号案内無料サービス「ふれあい案内」

対象:以下の障害者手帳をお持ちのかた
・視覚障がい:1級~6級
・肢体不自由(上肢・体幹・乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害):1~2級
・療育手帳
・精神障害者保健福祉手帳
内容:電話帳のご利用が困難なかたについて、NTTにご登録いただきますと電話番号の案内が無料となります。
窓口:フリーダイヤル0120‐104174(月曜~金曜の午前9時~午後5時)

 

駐車禁止除外指定標章

対象:以下のいずれか該当するかた
・身体障害者手帳・戦傷病者手帳の交付を受けているかたで、一定の基準に該当するかた
・A判定の療育手帳を持っているかた
・1級の精神障害者福祉手帳を持っているかた
・小児慢性特定疾患児手帳を持っているかたで、色素性乾皮症のかた
内容:標章を掲げることにより、指定駐車禁止場所でも、他の交通の妨げにならない限り駐車できます。(法定の駐車禁止場所には駐車できません)
窓口:館林警察署(電話75‐0110)

 

思いやり駐車場利用証制度

対象:障がい者のうち、交付基準に該当するかた
内容:利用証を掲げることにより、県と協定を結んだ事業者が管理する車いす使用者用駐車場施設を利用しやすくなります。
窓口:以下のどの施設でも利用証を交付することができます。
・社会福祉課(内線627)
・館林市社会福祉協議会(電話75‐7111)
・館林保健福祉事務所(電話72‐3230)

関連ワード

お問い合わせ

社会福祉課
電話:0276-72-4111