年金生活者等支援臨時福祉給付金

2016年4月15日

賃金引上げの恩恵が及びにくい低年金受給者への支援や所得全体の底上げを図るなどの観点から、低所得の高齢者を対象に、年金生活者等支援臨時福祉給付金を支給します。

 

支給対象者

平成27年度臨時福祉給付金の対象者のうち、平成28年度中に65歳以上になるかた(昭和27年4月1日以前に生まれたかた)

※平成27年度臨時福祉給付金の対象者とは、基準日(平成27年1月1日)において、以下の条件を満たしているかた

(1)本市の住民基本台帳に登録されている
(2)平成27年度市民税(均等割)が課税されていない(ただし、以下の場合は対象外)

・平成27年度市民税(均等割)が課税されるかたの扶養親族等になっている場合
・生活保護制度の被保護者となっている場合

※扶養親族等の範囲は、税法上の控除対象配偶者、配偶者特別控除における配偶者、扶養親族、青色事業専従者及び白色事業専従者です

 

支給額

対象者1人につき3万円

 

申請受付期間

4月20日(水曜日)から8月22日(月曜日)まで(当日消印有効)

※以下の日程で臨時窓口を開設します

 

日時

場所

5月12日(木曜日)

午前9時30分~正午

 分福公民館

午後2時~午後4時30分

 六郷公民館

5月13日(金曜日)

午前9時30分~正午

 西公民館

午後2時~午後4時30分

 三野谷公民館

5月17日(火曜日)

午前9時30分~正午

 大島公民館

午後2時~午後4時30分

 郷谷公民館

5月18日(水曜日)

午前9時30分~正午

 渡瀬公民館

午後2時~午後4時30分

 多々良公民館

5月19日(木曜日)

午前9時30分~正午

 中部公民館

午後2時~午後4時30分

 赤羽公民館

 

申請手続

対象者と思われるかたには、4月中旬に申請書類を郵送します。内容をご確認いただき、申請書に必要事項を記入の上、本人確認書類などの必要書類を添付し、同封の返信用封筒で返信してください。
※収入・所得がないかたでも、未申告の場合は給付の対象となりません。申請をするときは、事前に申告を済ませてください
※申請書類が届いても、本市以外の市区町村にお住まいのかたの扶養親族になられているかたや、所得の申告に修正があった場合など、支給対象とならないことがあります。あらかじめご了承ください

 

提出書類

(1)申請書(請求書)
(2)対象者の本人確認書類(運転免許証、旅券、健康保険証などの写し)
 ※外国人のかたの本人確認書類は、在留カード、特別永住者証明書など
(3)振込先金融機関口座確認書類(金融機関名、口座番号、口座名義人(カナ)が分かる通帳見開きの写し)
 ※平成27年度臨時福祉給付金を受給し、昨年度と同じ口座を希望される場合は、本人確認書類及び振込先金融機関口座確認書類の写しは不要です
(4)扶養者の非課税証明書(扶養者の住民票所在地が市外にある場合のみ)

 

支給手続

申請書受付後、支給要件の審査を行います。支給決定されたかたには、申請書に記載された指定口座に振り込みます。
支給まで1か月以上の期間を要することもありますが、ご了承ください。

 

詐欺にご注意ください

市や国の職員を装った給付金詐欺が発生していますので、注意してください。不審に思ったら、迷わず館林警察署(電話75‐0110)又は警察相談専用電話(♯9110)に連絡してください。

 

関連サイト

 ・高齢者向け給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)(厚生労働省)

 ・振り込め詐欺等防止(厚生労働省)

 

問合せ

社会福祉課社会係(内線630・649)

関連ワード

お問い合わせ

社会福祉課
電話:0276-72-4111