館林市の暑さ対策情報

2019年7月16日

暑さインフォメーション


暑さ予想

 

暑さの状況

 

暑さの結果

 

安全安心メールに、ご登録を

市で配信している「安全安心メール」では、災害情報などに加え、熱中症の注意情報も配信しています。こまめに情報を把握し、熱中症に気を付けましょう。

(参考:熱中症予防情報サイト)

 

 

暑さ対策


市では、市民・事業者・行政が一体となり、暑さ“対策”日本一になるよう、さまざまな取り組みを実施しています。

体制

 

実施事業

 

お知らせ


第4回暑さ対策川柳コンテストで団体賞を受賞

第4回暑さ対策川柳コンテスト」(熱中症予防声かけプロジェクト主催)において、本市が応募した句が自治体・民間団体部門において団体賞を受賞しました。

  • 受賞句:「知恵集め クールに過ごそう 「冷」和元年」

自治体・民間団体部門受賞者には、受賞作品を掲載したオリジナル啓発ポスターが作成されます。

暑さ対策川柳受賞ポスター

 

熱中症対策に関する協定を大塚製薬株式会社と締結

暑くても快適に過ごせる安全安心なまちづくりを目指し、平成28年5月31日、市と大塚製薬株式会社は、熱中症対策を主とする「健康づくりにおける連携に関する協定書」を締結しました。この協定により、製薬会社の専門的な意見をいただくことで、熱中症対策を含む健康づくり分野の更なる効果向上が期待されるとともに、暑さ対策などのいっそうの充実を図っていきます。

 

「熱中症予防アンバサダー」の取り組みが最優秀賞を受賞

「ひと涼みアワード2018」(熱中症予防声かけプロジェクト主催)において、「熱中症予防アンバサダー」の取組が熱中症ケア部門において「最優秀賞」を受賞しました。
※「熱中症ケア部門」:高齢者や子どもなど熱中症弱者への啓発を展開した取り組みを表彰

「ひと涼みアワード2018」最優秀賞賞状

 

≪『熱中症予防アンバサダー』の取り組み≫
「熱中症は正しい知識があれば防げるもの」であるため、知識を備えた人材(アンバサダー)を育成し、アンバサダーから周りの方々へ熱中症予防の知識を伝えることで熱中症をなくしていこうという取組で、平成30年度から開始した事業となります。
熱中症による救急搬送者が多い10代以下の児童生徒に対する注意喚起を進めていくため、市内小中学校及び高等学校の教諭を対象に、各校1人以上のアンバサダーの配置を目的に事業を展開し、対象者には講習会を受講し熱中症に対する知識・ノウハウを身に付けていただき各校で活動していただきました。
令和元年度には、市内幼稚園及び保育園の教諭及び保育士まで対象を広げ、更なる注意喚起を図る予定です。
なお、講習会の講師は、市と「健康づくりにおける連携に関する協定書」を締結している大塚製薬株式会社の社員に務めていただきました。

熱中症予防アンバサダー講習会の様子 熱中症予防アンバサダーの活動

 

暑さマメ知識


熱中症とは?

発症のしくみ、予防方法、対処方法など、次のサイトをご覧ください。

 

暑さ指数(WBGT)

 

関連ワード

お問い合わせ

地球環境課
電話:0276-72-4111