デング熱

2015年4月1日

デング熱は、蚊がウイルスを媒介する感染症であり、熱帯・亜熱帯地域を中心に流行する感染症です。

 

症状

2~15日の潜伏期間の後、突然の発熱から始まり、激しい頭痛、関節痛、筋肉痛、発疹等の症状を引き起こします。重症化すると、ショック症状や出血を伴うことがあります。
現在、デング熱に対するワクチンや特異的な治療法はないため、患者の症状に応じた治療を行うことになります。

 

感染経路

ウイルスを保有した蚊に吸血された際に感染します。媒介となる蚊は、ネッタイシマカとヒトスジシマカです。これらは、日中、屋外の幅広い地域に生息するヤブカ類に属します。
ヒト‐蚊‐ヒトで感染し、ヒトからヒトへ直接感染することはありません。

 

予防方法

予防方法としては、蚊に刺されないようにすることが重要になります。

(1)長袖・長ズボンを着用し、素足でのサンダル履き等は避ける。
(2)虫よけ剤の使用等によって、屋内でも蚊に刺されないように注意する。
(3)室内の蚊の駆除を心がける。
(4)蚊の幼虫の発生源を作らないようにする。

 

国内での流行状況

日本には、デング熱の主たる媒介となるネッタイシマカは常在していませんが、航空機等によって国内に運ばれる例も確認されています。また、ヒトスジシマカにおいては、日本のほとんどの地域(青森県以南)に生息しています。そのため、流行地でウイルスに感染した帰国者や旅行者が国内で蚊に刺され、その蚊が他者を吸血した場合、低いながらも感染する可能性はあり得ます。
ただし、冬を越えて生息できず、卵を介して次世代の蚊にウイルスが伝わることもないため、限定された場所での一過性の感染と考えられています。

 

参考サイト

デング熱について(厚生労働省)
感染症を媒介する昆虫・ダニ類(国立感染症研究所)

関連ワード

お問い合わせ

健康推進課(保健センター)
電話:0276-74-5155