館林市産学官研究サポート助成金

2017年4月20日

市内の中小企業者が、大学等や公的研究機関と協働して新製品の開発に関わる研究や、試験及び調査をする場合に、その経費の一部を負担します。

 

対象者

市内の中小企業者で、製造業を営むもの(これから製造業を営もうとするものを含む。)

 

対象となる連携機関

県内外の大学(大学院)、短期大学、高等専門学校、高等学校、専修学校、国立研究法人、試験研究を行う地方独立行政法人、地方自治体が設置した公設試験研究機関(一般財団法人・一般社団法人を含む)

 

対象事業

産学官連携による新製品の開発に係る研究開発
(1)産学官連携の実施に伴う研修、相談等(ただし、大学等及び公的研究機関との連携に至った場合に限る)
(2)大学等又は公的研究機関との共同研究、委託研究、試験、調査等
(3)産学官連携により創出した新製品の商品化、販路拡大、公表等

 

対象経費

産学官連携による新製品開発に係る必要経費で、次にかかげるもの
(1)大学等又は公的研究機関に支払う必要経費

  • 産学官連携の実施に伴う研修費、相談料等(ただし、大学等及び公的研究機関との連携に至った場合に限る)
  • 共同研究及び委託研究に要する経費
  • 研究者等の派遣等に要する経費(人件費、指導費、報酬、謝礼金等)
  • 試験費、検査費、調査費等

 

(2)その他必要経費

  • 原材料費
  • 機械装置購入
  • 外注費、業務委託費、試験費、検査費、調査費等
  • 広告宣伝費
  • その他市長が認める費用

※人件費の助成対象額は30万円まで(助成額上限15万円) 
※機械装置購入費の助成対象額は20万円まで(助成額上限10万円)
※交通費、旅費、宿泊費、食糧費、交際費、懇談費、運送費など対象とならない経費があります

 

申請期間

申請は随時受け付けますが、必ず事業着手前に申請してください。
※予算の範囲内で交付するため、申請状況により交付できない場合があります

 

申請書類など 

(1)交付申請

館林市産学官研究サポート助成金交付申請書(38KB)

市税等調査閲覧同意書(12KB)

 

〔添付書類〕

申請内容に応じて必要な書類を添付してください。

  • 会社の経歴がわかる書類(履歴事項全部証明書等)
  • 直近の決算書の写し
  • その他市長が必要と認める書類

 

(2)取り下げ申請

交付決定後、助成対象事業の中止などの際に提出してください。

館林市産学官研究サポート助成金申請取り下げ書(13KB)

 

(3)完了報告書
補助事業完了後、当該年度の3月末日までに提出してください。
※完了報告書の受理後、審査のうえ助成金額が決定します

館林市産学官研究サポート助成金事業完了報告書(33KB)

 

〔添付書類〕

報告内容に応じて必要な書類を添付してください。

  • 産学官連携に係る契約が確認できる書類(共同研究等に係る契約書)
  • 産学官連携による成果が確認できる書類(共同研究等に係る成果の報告書等)
  • 対象経費の積算内容が確認できる書類(請求明細書の写し等)
  • 対象経費の支払いを証明する書類(領収書の写し等)
  • 製造業を開始したことを証明する書類(法人設立届出書、個人事業の開業届書の控え等)
  • 製造業に進出したことを証明する書類(履歴事項全部証明書等)
  • その他市長が必要と認める書類

 

問合せ

産業政策課工業振興係(内線204)

お問い合わせ

産業政策課
電話:0276-72-4111