弾道ミサイル落下時の行動について

2018年3月7日

北朝鮮が発射した弾道ミサイルが日本に落下する可能性があるとき、政府は関係する地域住民に対して、「全国瞬時警報システム(Jアラート)」を使用して情報伝達することとしています。
当該情報伝達の流れや注意点などについては、「国民保護ポータルサイト(内閣官房)」を確認してください。また、同サイトには「武力攻撃やテロなどから身を守るためにどのような行動をするべきか」なども掲載されています。万が一のときに、適切に行動できるようにしてください。

 

 

屋外にいる場合

近くの建物の中か地下に避難する
※できれば頑丈な建物が望ましいものの、近くになければそれ以外の建物でも構いません

 

建物がない場合

物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る

 

屋内にいる場合

窓から離れるか、窓のない部屋に移動する

詳しくは内閣府国民保護ポータルサイト〔弾道ミサイル落下時の行動について〕をご覧ください

 

・英語版

Civil Protection Portal Site (English)

 

安全安心メールにご登録を

「たてばやし安全安心メール」では、災害(Jアラートも含む)や防犯に関する情報を配信しています。ぜひ登録して、こまめな情報把握にご活用ください。

 

※Jアラートについて

(平成30年1月31日追記)これまでエリアメール・緊急速報メールが受信できなかった携帯大手事業者以外の事業者(MVNO)が扱う一部携帯電話、スマートフォンについて、今後は順次受信可能になることが見込まれます。詳しくは以下のファイルでご確認ください

MVNO事業者が扱うAndroid端末における緊急速報メールの受信(134KB)

 

関連サイト

国民保護ポータルサイト(内閣官房) 

 

お問い合わせ

安全安心課
電話:0276-72-4111