社会資本総合整備計画(下水道事業)について

2018年8月15日

社会資本総合整備計画について

活力創出、水の安全・安心、市街地整備、地域住宅支援などの政策目的を実現するため、地方公共団体は、目標や目標実現のための事業などを記載した社会資本総合整備計画を作成します。これに基づき、基幹となる社会資本整備事業の他、効果をいっそう高めるソフト事業についても、創意工夫を生かした事業実施が可能です。
下水道課では、以下の計画を作成し、国土交通大臣に提出しています。

 

社会資本整備総合交付金に係る計画

・計画の名称
館林市における快適で活力ある暮らしを実現するための基盤整備
・計画の期間
平成30年度~平成34年度
・計画の目標
早期に下水道処理人口普及率を向上させて生活環境の改善を推進するとともに、公共用水域への汚濁負荷量削減を図り河川等の水質改善に寄与する。

社会資本総合整備計画(館林市における快適で活力ある暮らしを実現するための基盤整備)(669KB)

 

防災・安全交付金に係る計画

・計画の名称
館林市における安全で安心な暮らしを実現するための基盤整備
・計画の期間
平成30年度~平成34年度
・計画の目標
近年の集中豪雨被害の深刻化への対応策として効果的な都市浸水被害軽減に資する施設整備を行い、都市浸水対策達成率の向上を図る。

社会資本総合整備計画(館林市における安全で安心な暮らしを実現するための基盤整備)(5MB)

お問い合わせ

下水道課
電話:0276-72-4111