クビアカツヤカミキリ撲滅プロジェクトを開始します!

2019年5月24日

市内でクビアカツヤカミキリの発生が確認されています。このカミキリムシは幼虫がサクラなどに食入・加害することで樹木を衰退させる特定外来生物です。

本市では、サクラなどの樹木を守るため、クビアカツヤカミキリ撲滅プロジェクトを実施します。

 

クビアカツヤカミキリ撲滅プロジェクト出陣式


とき

5月25日(土曜日) 午前10時30分~11時45分

 

ところ

三の丸芸術ホール


定員

300人

 

内容

クビアカツヤカミキリ対策についての講演や出陣宣言など

 

参加費

無料

 

申込み

当日会場へ

※来場者にオリジナル啓発用品を差し上げます(数に限りあり)

 

クビアカツヤカミキリ駆除奨励金及び奨励品交付制度


期間

5月27日(月曜日)~8月30日(金曜日)

 

対象

市内在住、在勤、又は在学のかた

 

内容

市内でクビアカツヤカミキリの成虫を駆除し、死骸を地球環境課へ提出したかたに、1匹あたり50円、又は飲料水を交付します

※10匹から申請が可能。詳しくはお問い合わせください

 

クビアカツヤカミキリ防除用品配布制度


対象

市内に居住する世帯主、又は市内に事業所がある事業主、各行政区

 

内容

被害木1本につき、登録薬剤1本と防虫ネットを交付します

※上限は被害木10本分まで。詳しくはお問い合わせください

 

よくある質問について


Q1 どこでクビアカツヤカミキリを捕まえることができるのか。
A1 クビアカツヤカミキリの成虫は、主に日中に活動してます。フラスが発生している樹木や、防虫ネットが設置してある樹木は、クビアカツヤカミキリの被害が確認されているため、成虫が発生する可能性が高いです。周辺を注意深く観察してください。

なお、防虫ネットは成虫が拡散するのを防ぐ目的で巻いているため、ネットを破いて虫を取り出すのはやめてください。

 

Q2 クビアカツヤカミキリを生きたまま提出してもいいのか。
A2 クビアカツヤカミキリは特定外来生物に指定されているため、生きたまま移動させると法律で罰せられます。必ず死骸をご提出ください。

 

Q3 昆虫を駆除したが、クビアカツヤカミキリかどうか判別ができない。
A3 クビアカツヤカミキリ以外の虫は、制度の対象になりません。よくお問い合わせのある似た虫については、市ホームページに情報を掲載いたしますので、よくご確認のうえ、クビアカツヤカミキリのみご提出ください。

(参考)間違えやすい昆虫
ヨコヅナサシガメ

ヨコヅナサシガメ(羽化直後)

 

Q4 クビアカツヤカミキリの死骸が分断されている場合、どうやって一匹の判断をするのか。
A4 分断されている場合は、胸の赤い部分が確認できるものを一匹とみなします。

胸の赤い部分が確認できない死骸は、受理できませんのでご注意ください。

 

Q5 スタンプカードがほしい
A5 下記PDFファイルをダウンロードできます。

A4サイズの用紙に両面印刷してご使用ください。
空白部分は、ハサミなどで切り離し、台紙部分のみご使用ください。

館林市クビアカツヤカミキリ撲滅プロジェクト パンフレット(385KB)

スタンプカード(496KB)

申請書兼請求書(別記様式第1号)(82KB)

申請書兼請求書(別記様式第2号)(56KB)

 

共通事項


問合せ

地球環境課環境保全係(内線452)

お問い合わせ

地球環境課
電話:0276-72-4111