日本遺産「里沼」シンポジウム

2019年12月26日

日本遺産「里沼(SATO-NUMA)―「祈り」「実り」「守り」の沼が磨き上げた館林の沼辺文化―」の認定を記念して、基調講演・シンポジウムなどを開催します。

日本遺産を活用した館林のまちづくりを皆さんといっしょに考えませんか。

里沼

 

とき

2月11日(祝日) 午後1時30分~4時

ところ

三の丸芸術ホール

 

定員

500人(先着順)

 

内容

  • 基調講演 館林市「日本遺産」の目指す方向性』 丁野朗さん(日本遺産審査委員)
  • 演舞 日本遺産構成文化財「上三林のささら」
  • パネルディスカッション 館林市「日本遺産」の今後の展開について』

 

参加費

無料

 

申込み・問合せ

1月10日(金曜日)から、電話(午前9時~午後4時)、又はメールで文化振興課日本遺産プロジェクト(Eメールnihonisan@city.tatebayashi.gunma.jp 電話0276‐74‐4111)へ
※1月27日(月曜日)は臨時休館日

お問い合わせ

文化振興課
日本遺産プロジェクト
電話:0276-74-4111