向井千秋さん未知への挑戦ロゴ

向井千秋宇宙飛行士画像
向井千秋宇宙飛行士ロゴ
くま太朗画像 STS−95の8人目の搭乗者となった「くま太郎」
軌道上のスペースラブモジュールと地球 軌道上のスペースラブモジュールと地球画像
スペースシャトル「コロンビア号」の打ち上げ画像
スペースシャトル「コロンビア号」の打ち上げ
ミッドデッキからスペースラブモジュール(実験室)へ画像
ミッドデッキからスペースラブモジュール
(実験室)へ
IML-2の搭乗員
        IML−2の搭乗員
後列左から  リロイ・チャオ(MS)、ジェームズ・D・ハルセルJr.(操縦士)、向井千秋(PS)、カール・E・ウォルツ(MS)
前列左から  リチャード・J・ヒーブ(MS)、ロバート・D・カバナ(船長)、ドナルド・A・トーマス(MS)


1985.8ロゴ
宇宙飛行士に選ばれる
1985年8月、毛利衛さん、土井隆雄さんとともに宇宙飛行士に選ばれ、PS(ペイロードスペシャリスト)としての訓練が始まる。

1992.9ロゴ
バックアップPSとして、 初めてミッションに参加
1992年9月、毛利宇宙飛行士が乗り込んだFMPT(第1次材料実験/ふわっと’92)のバックアップPSとして、実験をサポートする。

1994.7ロゴ
第1回目の宇宙飛行を行う
1994年7月8日、IML−2第2次国際微小重力実験室)のPSとして、スペースシャトル「コロンビア号」に搭乗し、初めての飛行を行う。(向井千秋さんの「夢」がかなった瞬間である。)
飛行時間は14日と17時間55分(地球周回236周)で、スペースシャトルの最長飛行時間を記録する。
STS-95の搭乗員画像
        STS−95の搭乗員
後列左から  スコット E・パラジンスキー(MS2)、スティーブン K・ロビンソン(MS1)、向井千秋(PS1)、 ペドロ・デューク(MS3)、ジョン H・グレン(PS2)
前列左から  スティーブン W・リンゼイ(操縦士)、カーティス L・ブラウン(船長)

1998.4ロゴ
バックアップPSとして、3回目のミッションに参加
1998年、ニューロラブミッションのバックアップPSとして、地上で実験をサポートする。

1998.10ロゴ
第2回目の宇宙飛行を行う
1998年10月29日、STS−95のPSとして、スペースシャトル「ディスカバリー号」で、2回目の飛行を行う。参加ミッションはこれで4回目となった。

2000.8
副ミッションサイエンティストに任命される
2000年8月、STS-107ミッションの副サイエンティストに任命され、日本人初の実験統括係(副)として携わった。
※MS・・ ミッションスペシャリスト  ロボットアームの操作や船外活動など、スペースシャトルで生活し、仕事をするための、いろいろな活動を行う宇宙飛行士。
※PS・・ ペイロードスペシャリスト  専門的な実験などを主に担当する宇宙飛行士。

スペースシャトル「ディスカバリー号」の打ち上げ画像
スペースシャトル「ディスカバリー号」の打ち上げ
ミッションの概要ボタン