館林の戦国「羽継原の戦い」

館林インターのすぐそばに宝秀寺というお寺がありま
すが、その山門前にこの戦いで戦死した人たちをとむ
う供養碑と説明の碑があります。
羽継原の戦いとは、この碑文によると、1459年に、
関東の2大リーダー上杉氏と足利氏が関東を2分して
戦った大きな合戦のことです。関東地方は全国が戦国
時代に入る前から戦国時代に入っていたんですね。



五小地区の紹介のページトップへもどる