「学校の教育活動以外でも頑張っている子どもたちを応援しています。」
平成29年度
スポーツ少年団の取り組み



群馬県少年野球選抜大会

(11月11日)
 2大会連続代表決定戦に進出し着実に成長の足跡を残している一小クラブ。今日の試合では、ここ一番で決定打が出ず善戦及ばず、県大会出場の願いは叶いませんでした。これからは来シーズンに向け長い冬場のトレーニングに入ります。捲土重来、来シーズン、「館林一小」の校名を背負い県大会で躍動するためにも、しっかりと根を張って欲しいと思います。頑張れ一小クラブ。学校も応援しています。


古河市学童野球大会
(10月1日)
 仁志杯(元巨人軍茨城県古河市出身)第30回古河市学童野球大会が開催され、館林代表として出場しました。初戦は全員野球で見事勝利を飾り、誇らしげな子どもたちの笑顔が逞しくも思えました。第2試合は追撃も及ばず惜敗となりましたが、県大会出場を逸した悔しさをバネに子どもたち全員が成長できた素晴らしい大会となりました。次の「学童選抜大会」優勝目指して頑張れ館林一小クラブ!学校も応援しています。


優勝おめでとう
「館林フレンズミニバス」
(9月22日)
 8月22日に開催されたスバルカップミニバスケットボール大会で、館林フレンズミニバスが見事優勝の栄冠に輝きました。日々汗を流しながら練習に励んでいた子どもたち。練習の成果が実って本当に良かったです。「おめでとう フレンズミニバス!」

本校の体育館で練習をしているフレンズミニバス。(放課後練習の様子です)


関東学童館林支部予選
(8月28日)
 関東学童館林支部予選が開催されました。新チームとして公式戦初勝利及び県大会出場を目指しての出陣です。初戦は17人の子どもたち全員で勝利をつかみました。準決勝は県大会出場をかけた代表決定戦です。前半に大差をつけられましたが、4回裏同点に追いつき、応援スタンドは歓喜に包まれました。結果的には惜敗となりましたが、子どもたちの悔し涙は、次の試合に向け大きな心の財産となりました。次の「学童選抜大会」優勝目指して、頑張れ一小クラブ!学校も応援しています。



JA杯館林支部予選
(6月10日)
 第48回群馬県少年学童軟式野球大会JA杯館林支部予選が開催されました。現在一小クラブには6年生の部員はいませんが、他のチームにとっては6年生最後の大会でもあります。相手チームの6年生の気迫に圧倒され惜しくも逆転負けとなってしまいました。この一年間5年生以下の部員でチーム編成をしなければならず、本当に苦しい我慢の連続でした。8月からは新チームによる公式戦がスタートします。この一年間で培ってきた貴重な経験を生かし、悲願の県大会出場目指し「勠力同心(りくりょくどうしん)」で頑張って欲しいと思います。頑張れ一小クラブ。学校も応援しています。



館林ライオンズ杯少年野球大会

(5月20日)
 第20回館林中央ライオンズ杯少年学童軟式野球大会が開催され、前年度優勝チームの一小クラブは連覇を目指して試合に挑みました。5月とは思えない強い日差しの中で、子どもたちは全力でプレーしました、試合はもう一歩のところまで相手チームを追いつめましたが、初勝利には至りませんでした。一歩一歩着実に成長している一小クラブ。次回大会での新チーム悲願の公式戦初勝利を期待しています。頑張れ一小クラブ。学校も応援しています。



開会式での選手宣誓の晴れ姿

(4月1日)
 スポーツ少年団軟式野球館林予選会の開会式で、一小クラブの滝野瀬首相が堂々と選手宣誓の大役を果たし、スタンドから大きな声援が送られていました。さすが一小の児童であることを実感し感動しました。試合の方は、6年生がいない一小クラブが南光クラブに挑み最後まで全力プレーを見せてくれましたが、勝利には及びませんでいた。今が試練の一小クラブです。この悔しさをバネに初勝利目指してこれからも頑張って欲しいと思います。捲土重来!学校も応援しています。



「館林一小クラブ」が生まれ変わります
 
団員募集案内はこちらから

(3月30日)
 この度、長年愛され諸先輩方が築き上げてきた伝統のユニフォームが一新されます。チームカラーの紺色をメインに胸のマークは黄色で「TATEBAYASHI」となります。市内チームの中で唯一、チーム名に「館林」と登録してあるのは「館林一小クラブ」のみです。そこでその特権を利用して、胸のマークを「TATEBAYASHI」としました。4月1日(土)からスポーツ少年団軟式野球館林予選大会が開催され、真新しいユニフォームで開会式に臨みます。そして、何と滝野瀬主将が選手宣誓の大役を担います。新生「館林一小クラブ」としての新たな歴史の1ページのスタートです。新生一小クラブが「館林」を代表するようなチームに成長することができるよう、これからもチーム一丸となって練習に励みます。頑張れ一小野球クラブ!学校も応援しています。


全日本少年野球館林大会出場

(3月12日)
 第37回全日本少年学童軟式野球大会館林支部予選が開催されました。多々良クラブと対戦しました。初回に先制し4回表までリードするという大変良いムードでしたが、その裏に逆転されて重苦しい試合展開となってしまいました。しかし、最終回の一小の攻撃が大爆発!なんと8得点の大逆転!遂に初勝利か?と期待が膨らみましたが、その裏に同点に追いつかれ延長戦に突入。再度1点勝ち越しましたが、ついに力尽きその裏にサヨナラ負け。残念ながら初勝利は逃してしまいましたが、5年生のいない4年生以下のメンバーで戦っている一小クラブの子ども達の成長を実感した素晴らしい試合でした。



新たな年のスタート
頑張れ一小野球クラブ!

(1月11日)
 一小野球クラブの活動が新年も新たにスタートしました。7日は初練習前に長良神社で祈願を行い、その後グラウンドに戻り、今年一年ケガ等をしないようお清めを行いました。チームスローガン「笑顔一杯・全員野球」の言葉通り笑顔の練習スタートとなりました。翌8日は毎年新年恒例の足利にある毛野大坊山登山(標高285m)にチャレンジしました。そして、9日は、本校出身のプロ野球審判員佐々木昌信さんを講師にお招きして少年野球教室を開催し、練習方法についてご指導いただきました。今年も一小野球クラブのみなさんの更なる活躍を願っています。学校も応援しています。頑張れ一小野球クラブ!




県スポ少低学年交流大会
(10月8日)
 一小野球クラブの1年生から3年生までの6名の子どもたちが、七小(みのりクラブ)と九小(渡瀬クラブ)と美小(サンダース)との混成チームを結成して交流大会に参加してきました。ユニフォームを着るとみんな大きくかっこよく見えます。その低学年ながらひた向きにボールを追う子どもたちの真剣な姿に、コーチや保護者から大きな声援が送られていました。頑張れ一小野球クラブ!



館林市子ども会野球大会
オールフレンズ 第3位入賞

(9月9日)
 夏休みに開催された館林市子ども会野球大会で、一小区の子ども会野球チーム「オールフレンズ」が第3位の成績を収めました。この大会は、地区の子ども会で組織されたチームによる大会です。チームワークよく日頃の練習の成果を十分に発揮し堂々第3位に入賞しました。オールフレンズのみなさん、おめでとう。みんな、いい顔してます。


新チーム公式戦登場

(8月28日)
 少年野球は、もうすでに6年生を除く新チームでの大会が始まっています。一小クラブは6年生が抜けて、現在1年生から4年生までの12名のメンバーで日ハム杯に挑みました。結果は惜敗でしたが、最後まで諦めずに全力でプレーし、清々しい試合ぶりでした。5年生のいない新チームですが、チームのまとまりは抜群で、いわゆるのびしろが期待できます。新チームの今後の更なる活躍を期待しています。頑張れ一小クラブ。学校も応援しています。




新チーム始動
キャプテンの引き継ぎ

(9月1日)
 一小クラブの子どもたちが、新チーム発足に伴うリーダーの交代を報告に来てくれました。これまでチームの牽引車として頑張ってきた6年生のキャプテン酒井風雅君と副キャプテンの長谷川陽生君から、4年生の新リーダーへ引継が行われました。新チームは5年生がいないため、4年生以下の学年で編成されたチームです。新キャプテンの滝野瀬朔也君と副キャプテンの小林羚響君を中心とした新チーム12名の今後の活躍を期待しています。頑張れ一小クラブ!


野球の楽しさを体験しよう

(7月2日)
 一小クラブ野球体験会が校庭で開催され、子どもたちの元気なかけ声が校庭に響き渡っていました。野球の楽しさを子どもたちに知ってもらおうと、指導者の方々が、ボールの握り方・捕り方・投げ方等をていねいに一人一人手に取りながら優しく教えていました。同時に、あいさつや返事といった礼儀の大切さも指導していました。部員数の減少という課題克服に向け開催された体験会。多くの子どもたちが入部することを願っています。頑張れ一小クラブ。学校も応援しています。




一小クラブ6年生最後の勇姿

(6月13日)
 一小クラブの子どもたちが「JA杯」の結果を報告に来てくれました。三大会連続優勝を目指し試合に臨みました。一回戦の相手は奇しくも前回大会の決勝の再現となりました。点の取り合いとなり9−12で延長戦の末敗れてしまいました。6年生にとってこれが最後の試合でした。勝った時だけでなく、負けた時も悔しい気持ちを抑えながらきちんと報告に来てくれた子どもたちに心からエールをおくります。これからは、学校生活でも下級生のリーダーとして活躍してくれることを誓ってくれました。6年生のみなさんお疲れ様でした。

一小クラブ
ライオンズ杯優勝
おめでとう

(5月30日)
 一小クラブが、「ライオンズ杯」で見事優勝の栄誉に輝き、これで市大会連続優勝となりました。子どもたちは本当にいい笑顔で優勝報告をしてくれました。キャンプテンの酒井君は「6年生最後の大会となる「JA杯」大会で優勝して、絶対に県大会に出場します。」と力強く抱負を語ってくれました。子どもたちの頑張りと熱心な指導者。そしてそれを支える保護者会が一体となって非常に雰囲気の良い一小クラブ。残された大会での活躍を期待しています。学校も応援しています。頑張れ一小クラブ。


目指せ優勝!一小クラブ
「ライオンズ杯決勝進出」

(5月24日)
 一小クラブが、見事「ライオンズ杯」決勝に進出しました。決勝戦は、今週末の5月28日(土)に城沼球場で午後2時試合開始予定となっています。これまでの地道な練習の成果が実り、最近メキメキと力を発揮している一小クラブ。子どもたちは、学校生活でもきびきびとした態度で、勉強や運動に取り組んでいます。6年生のショートを守る小林君は「絶対に優勝して笑顔で報告にきます」と熱くその意気込みを語ってくれました。
 スポーツ少年団館林大会優勝の表彰を行いました(5/18朝会)

 一小野球クラブの子どもたちが毎日校庭で練習に汗を流しています。県大会出場めざし、練習に一段と熱が入っています。頑張れ一小野球クラブ!(守備練習の様子です)


home

トップ画面に戻る