「体験」は人の心を豊かにします
少年教室
「キッズチャレンジャー隊」





 学校区にある中部公民館の主催事業「ちゅうぶ少年教室ーキッズ・チャンレンジャー隊ー」の取り組みを紹介していきます。現在の少子化・情報化・ゲーム依存といった社会変化の激しい時代に生きる子どもたちが、少年教室の様々な体験活動を通して、協調性・創造力・忍耐力・社会性等を学ぶことは、心の大きな成長につながります。協力することの大切さ・人の痛み・課題を解決するためのアイデア・周囲の人との関わり・社会常識等、体験を通して身に付くものはたくさんあります。体験活動は、子どもたちに、机上では学べない多くのことを教えてくれます。少年教室参加のみなさん、これから一年間多様なものつくりにチャレンジしていきます。楽しみですね。


 「手作りウインナー教室」

(2月17日)
 今年度最後のキッズ・チャレンジャー隊のプログラムは、手作りウインナー教室です。場所は邑楽館林JAミートセンターで行いました。カレー、バジル、ガーリックなどで味付けした肉を羊腸に詰める作業では、にょろにょろ出てくる様子に大喜び。自分で作ったウインナーを試食してその出来立ての美味しさにみんな目を丸くしていました。今年のテーマ「遊ぶ・作る・食べる」に沿って様々なプログラムを体験できた少年教室でした。




 「クリスマスケーキづくり」

(12月16日)
 今日のキッズ・チャレンジャー隊のプログラムは、クリスマスケーキづくりです。大きさの違うホットケーキを焼いて、クリームを間に挟みツリーのように仕上げていきます。おなじみのホットケーキですが、形が変わるだけでおしゃれなクリスマスケーキに変身です。子どもたちも大満足のケーキづくりとなりました。


home


トップ画面に戻る