ゲーム機では味わえない楽しさがいっぱい

「福は内、鬼は外」(1年)
(
2月5日)
 今日は節分にちなんで、1年生が豆まき集会を行いました。最初に、「なぜ節分に豆をまくのか」という紙芝居を見て、節分と豆まきを理解しました。次に、新聞紙で作った豆を使って、壁に貼った自分の心の鬼を追い払いました。そして、いよいよ、本物の鬼さんの登場です。子どもたちの中には、泣き出す子もいましたが、みんな迫りくる鬼から必死で逃げながら、一生懸命追い払おうと豆を投げました。子どもたちの心に大きく刻まれる貴重な体験をした豆まき集会になりました。







凧あげ 元気いっぱい 1年
(1月21日)
 1年生が生活科「冬を楽しもう(風であそぼう)」の学習で、自作の凧を作って凧あげに挑戦しました。微風が吹く中、子どもたちは自分で作った大きな凧が舞い上がる様一生懸命走って、空高くたなびかせていました。1月の行事にふさわしいかわいらしい光景が校庭に広がっていました。
 



伝統を伝える 獅子舞 2年
(1月16日)

 
今日は、市内在住の岩崎雄一氏をゲストティーチャーにお招きして、正月の日本の風物詩「獅子舞」を披露していただきました。子どもたちは、初めて見る本物の獅子舞に興味津々で、目を輝かせながら見ていました。祭囃子の音に合わせながらの巧みな動きを見た子どもたちは、一生の思い出になったことと思います。講師を務めていただいた岩崎様ありがとうございました。




書き初め「光るにじ」3年
(1月15日)
  3年生にとっては、初めての体験となる書き初めを行いました。題字は「光るにじ」です。琴の音が奏でる春の海のBGMが流れる中、どの子どもたちも一生懸命筆を運んでいました。これで、今年の書き初め大会は、全学年終了しましたが、どの学年にも共通していたことが二つありました。一つは、全員が集中して私語を話さず、黙々と筆を運んでいたこと。もう一つは、どの学年も書き初め終了後、体育館の床が墨で汚れていなかったことです。これは、一人一人がきちんと取り組んだ結果です。子どもたちは、本当によく頑張っています。

 
書き初め「創造する心」6年
(1月14日)
  書き初め大会6年生は、「創造する心」です。さすが6年生です。静まり返った体育館で、みんな上手に一画一画丁寧に力強く、黙々と真剣な表情で筆を運んでいました。

 
書き初め「世界の子4年
    「強い信念」5年

(1月9日)
 書き初め大会がスタートしました。4年生は「世界の子」、5年生は「強い信念」を書きました。静まり返った体育館で、みんな上手に一画一画丁寧に力強く、黙々と真剣な表情で筆を運んでいました。



 
昔の遊びランド 3年
(12月3日〜5日)
 3年生が総合学習で、自分たちで調べたり体験したりした「昔遊び」を1・2年生に紹介する「昔遊びランド」を開催しました。この日のために、グループで協力して、「輪投げ・割りばし鉄砲・けん玉・こま回し・ストローとんぼ・お手玉」等を一生懸命作って準備をしました。本番では、3年生が1年生のよきお兄さん・お姉さん役として優しくていねいに遊び方を教えてくれ、会場では1・2年生の楽しそうな声や笑顔があふれていました。





 
昔の遊び体験 3年
(11月7日)
 
今日は、城沼公民館の「さわやか教室」のみなさんとの交流会でした。12名のみなさんが、昔遊びの先生となり、わりばしでっぽう、こま、将棋、けん玉、あやとり、お手玉を教えてくださいました。終わりの会では、お礼として、リコーダーの演奏と歌を披露しました。丁寧に教えていただき、楽しいひとときを過ごすことができました。「もっとうまくなって、名人になりたい!」「すごく楽しかった!」などの声がたくさん聞かれました。指導して下さった「さわやか教室」の皆様方、ありがとうございました。



 
武鷹館 昔の遊び 3年
(9月30日)
 3年生が武鷹館で、施設ボランティアスタッフの方々に教えていただきながら、「昔の遊び体験」をしました。竹馬・竹トンボ・ベーゴマ・水鉄砲・めんこなどの昔遊びを存分に楽しんだようです。 



 
 
七夕飾り 1年
(7月4日)
 
7月7日は七夕です。それにちなんで、1年生が短冊に願い事を書いたり、飾り付けをしたりして、各教室の廊下に飾りました。「じがうまくかけますように。」「さっかーせんしゅになりたい。」「けーきやさんになりたい。」「にんきものになれますように。」等たくさんの願いが書かれていました。子どもたちのこの純真な心を大切に育んでいきたいと思います。

 
 
 
こいのぼり夢をのせて 1年
(5月2日)
 
毎年恒例の1年生が作ったこいのぼりをあげました。こいのぼりのうろこには、子どもたちの手形や、好きなものが書かれています。授業参観の時に保護者の方々にもお手伝いいただき、完成させることができました。自分たちの作ったこいのぼりが元気に泳ぐ姿を子どもたちは嬉しそうに見上げていました。 

 トップページへもどる