「早寝・早起き・朝ごはん」
健やかな成長は、バランスのとれた食事から
こどものためのルールブック50 No.1&No.2

 給食委員会発表
 (12月13日)
 給食委員と食育レンジャーが協力して、「早寝・早起き・朝ご飯!」の中の、朝ご飯の大切さについて、分かりやすく教えてくれました。赤の仲間「体をつくる食品」、黄色の仲間「エネルギーになる食品」、緑の仲間「体の調子を整える食品」、3つの食品をバランスよく食べなければいけないことが、とてもよくわかりました。レンジャーの皆さん、ありがとうございました。 
 
 




 
4年生 給食時訪問
(11月11日
) 
 今日の給食時、給食センターの先生が、4年生に、給食センターで働く調理員さんの仕事について教えてくださいました。子どもたちは、感謝の気持ちを表すためにも、「いただきます」「ごちそうさま」をしっかり言うこと、残さず食べることが大事だと気づきました。  


 
 4年生 でんえんまるくんとにんじんゼリー
(10月17日)
  今日は、JAマスコットの「でんえんまる」くんたちが、「にんじんゼリー」のキャンペーンのため、4年生の各学級に登場しました。「にんじんゼリー」は、体によいにんじんが、美味しく食べられるように工夫してあることをアピールしていきました。普段はにんじんがきらいな子も、「おいしかった。」とゼリーを完食しました。ありがとうございました。





 
1年生食育授業
(10月17日
) 
 1年生の各クラスで市給食センターの橋本栄養教諭を招いて、食べ物の好き嫌いをなくすための食育指導を行いました。「ゆうま姫を救え」のアニメをみて、どうしたら元気がでるかを考えました。1年生の子どもたちが理解できるようわかりやすく、栄養素を赤・黄色・緑の3つに色分けしました。そして、好き嫌いをなくすことにより、赤ゆうま・黄色ゆうま・緑ゆうまの3つが合体して元気な「合体ゆうまロボ」になることに気付かせました。ビデオや掲示物・イラスト・ワークシート等多様な手立てを用いて小学校入学の段階から食育の大切さを指導しています。 


 
3年生 給食時訪問
(10月17日
) 
 今日の給食時、給食センターの栄養教諭の先生が、3年生に、地場野菜について教えてくださいました。  

 
 1年生 給食時訪問
(10月12日
 今日の給食時、給食センターの栄養教諭の先生が、1年生に、給食がどのようにできるか教えてくださいました。 


 
 5,6年生 食育授業
(10月11日、12日
 5,6年生は家庭科の授業で栄養士さんをお招きして、栄養素や献立についての学習を行いました。5年生は5大栄養素について、具体例を挙げながら分かりやすく学習できました。6年生は、栄養のバランスを考えた一食分の献立を考えました。6年生は、これから家族のために献立を考え、ハウスチャレンジをしていく予定です。栄養士さんが、一人一人に丁寧なアドバイスをしてくれましたので、大変分かりやすい家庭科の授業になりました。ありがとうございました。 






 
2年生食育授業  「やさいとなかよくなろう」
(9月1日
 橋本栄養教諭をお招きして、「野菜のよいところや上手な食べ方」について学習しました。苦手な野菜も食べると健康によいことを知り、工夫して苦手な野菜を食べられるようにしようと、いろいろと食べ方を考えていました。また、給食センターの調理員さんも、食べやすいように味付けなどを工夫してくれていることを給食の献立を具体的に示して、教えてくれました。子ども達は、野菜を頑張って食べようと、いつもよりたくさん給食の野菜を食べていました。何でも食べてバランスの良い食習慣が身に付くことを願っています。 


 
4年生食育授業元気な体に必要な食事
(8月31日
)  
  31日に、栄養専門員の神庭先生をお招きして、体のよりよい成長のためにバランスの良い食事を考える授業を行いました。バランスの良い食事とは、「主食=黄、主菜=赤、副菜=緑」がそろっている食事であることを教わり、体のためになる夕食の献立を考えました。『ごはん・さんまの塩焼き・野菜たっぷりの味噌汁・冷や奴』のように、栄養のバランスだけでなく、食べ合わせの良い組み合わせになるようにと考えていました。


 
給食時学校訪問5年
(6月30日) 
 栄養教諭の齊藤先生が5年生のクラスを訪問して、体に必要な栄養についてのお話をしてくださいました。本日二小では、5松、6竹の子どもたちが、給食をクラス全体で残さず完食し、ペロリ賞になりました。みんな給食が大好きです。 



 
 3年生食育授業
(2月10日)

 栄養教諭を招き、バランスのよい食事について勉強しました。前日の給食を振り返り、日頃の食生活を考えました。また、市内の学校全体の残飯の写真を見て、あまりの多さに驚きました。赤・黄色・緑の食材が健康にどう結びついているか知ったので、「嫌いな物でも一口でもいいから食べてみる」という感想が多くでました。


 
 ラーメン小学生レシピコンクール全国大会で
アイデア賞に入賞
(家庭科ハウスチャレンジ)
 5、6年生が家庭科学習の一環のハウスチャレンジとして、インスタントラーメンを自分なりに栄養のバランスを考え、具材を工夫して作るという取組を行いました。そして、5,6年生全員がラーメン小学生レシピコンクールに応募したところ、6年生の荻原さんと5年生の栗田さんが関東甲信越大会に出場が決まり、東京の大会会場で実際に料理を作りました。荻原さんはその後全国大会に進み、見事アイデア賞に入賞しました。栗田さんも大健闘でした。ハウスチャレンジにご協力いただいた保護者の皆様、ありがとうございました。
                                荻原さん作「アヒージョラーメン」
 
 カルピス出前授業
(7月8日)
  5年生がカルピスの出前授業を受けました。8名の講師の皆さんが、たくさんの実験道具を持参し、体験をしながら学習できるような授業を行ってくださいました。乳酸菌や酵母菌の働きで牛乳がカルピスになることがよく分かりました。発酵という現象は、小学校ではまだ学習していませんが、乳酸菌や酵母菌を顕微鏡で観察したり、発酵により味がどのように変化するのかを実際に体験したりできたので、子どもたちにもよく理解できました。最後にどんな乳酸菌があったらよいかを一人一人が考えました。講師の皆さん、子どもたちのために様々な準備や丁寧なご指導をありがとうございました。
 


 

 トップページへもどる