いじめ防止子ども会議開催
(2月16日)
 2月16日(木)に、市役所で、いじめ防止子ども会議が開催されました。本校からも、5年生の代表児童2名が参加しました。二人は、リラックスするための「アイスブレイク」を体験したり、班別協議の中で本校のいじめ防止活動を報告したりしました。みんなの話し合いで、いじめをなくすためのスローガンをつくることができたようです。ご苦労様でした。



 
企画委員会いじめ防止の劇(児童集会) 
(2月14日)
 今朝は、企画委員会による「いじめ防止劇」(児童集会)がありました。小さい学年の子どもたちにも分かりやすく伝える方法を考え、工夫して発表していました。「いじめをしない、許さない、二小からいじめを絶対に出さない。」という強い願いを全校の子どもたちに伝えることができました。どの子も、とても真剣に劇を見ていました。 





 
人権集会
(11月17日) 
 今朝は、人権集会がありました。全校の子どもたちは、人権集中学習週間に、校長先生の講話を聞いたり、人権啓発ビデオを視聴したり、作文・標語・ポスターをかいたりしました。今日は、その中で、学年代表となった子どもたちの作品が発表されました。これらの活動を通して、子どもたちの人権に関する理解と意識を高めたいと考えます。




 
 命の大切さについての授業(6年生)
 養護教諭が6年生に命の大切さについての授業を行いました。12歳まで自分を支えてくれた人がいたからこそ、こんなに成長できたことや、これからどんな困難があっても命を大切にし、決して自殺などをしてはいけないということを強く訴える内容でした。最後には、一人一人に6年間の成長が分かる手作りのカードをプレゼントしました。このカードのリボンの長さは、一人一人がこの6年間で伸びた身長を表していました。とても心のこもった素晴らしい授業でした。
 
 校長先生が6年生に道徳授業
(3月10日)
 校長先生が「義足の聖火ランナー」という教材を使って、6年生に困難に負けない強い心についての授業を行いました。6年生は、地雷の被害に苦しんでいる人が、今でもいることを社会科で学んでいるので、主人公の困難な状況とそれを乗り越える強さがよくわかったようです。もうすぐ卒業する6年生が、これからどんな困難に遭遇しても、くじけないで頑張ってほしいという、校長先生の思いが伝わってくる授業でした。

 
 
          企画委員会いじめ防止の劇(児童集会)
 

      
人権集会
(11月19日) 
 本校では、人権週間として11/9~11/13の期間に、校長先生の人権に関する講話、人権啓発ビデオの鑑賞、人権作文・人権標語・人権ポスターの制作など、児童の人権に関する意識の向上を目指した学習を重点的に行いました。11/19の集会では、各学年の代表がポスターや標語、作文の発表をそれぞれ行い、差別のない世の中についてみんなで考えました。

 
いじめ防止フォーラム開催
(10月15日) 
  小学生・中学生・高校生・地域の大人が一緒になって、いじめ防止について話し合う、「いじめフォーラム」が、館林高校で開催されました。本校からは、企画委員会でいじめ防止活動を行っている6年生が代表として参加しました。フォーラムの内容は、ピアサポート(仲間同士の支え合い)のやり方を高校生から学んだり、普段使っている言葉や理想の学校について考えたりするなどでした。本校の6年生児童も、代表として活発に意見交換できました。
 
 7月1日朝会
自分で考えた「わたしの行動宣言」を実行しよう
 今日の校長先生のお話は、いじめ防止についてでした。5月20日朝作文の時間に、NHKいじめを考えるキャンペーン「100万人の行動宣言」に参加するため、「わたしの行動宣言」を1年生以外の全校児童が書きました。先日からNHK「100万人の行動宣言」のホームページに、本校の児童一人一人の行動宣言が、群馬県館林市立第二小学校の行動宣言としてアップされました。校長先生はその一部を紹介しながら、「いじめをしない、許さない、みんなで仲良く遊んでほしい。二小からいじめを絶対に出さない。」という強い願いを全校児童に伝えました。みんなとても真剣に耳を傾けていました。(1年生は2学期に書く予定です)


校内にも行動宣言を掲示 
 6月2日朝会
あいさつは、コミュニケーションのはじまり
 6月2日の朝会で、校長先生があいさつについてのお話をしました。朝起きた時に、家族に「おはよう」を言いましたか。登校途中の旗当番の方に「おはようございます」を言いましたか。学校で先生や友だちに「おはよう」を言いましたか。あいさつをすると、そのあとに、他の話もできるようになって、学校も楽しくなります。あいさつは、人との大切なコミュニケーションのはじまりになります。  (校長講話の一部を抜粋) 

ハイタッチあいさつ                      
 
 いじめを考える
わたしの行動宣言
(5月20日)

 朝学習の作文の時間に、NHKいじめを考えるキャンペーン「100万人の行動宣言」に参加するため、「わたしの行動宣言」を全校児童が書きました。いじめを減らすためにできることを一人一人が考え、それをつなげていけば、勇気や行動として表れ、いじめが減らせるというねらいのキャンペーンです。いじめに対して、自分でできることを一人一人が真剣に考える時間になりました。 



 
縦割り班活動
(5月7日)
 今年度初めての縦割り班活動を行いました。この活動は「異学年交流を通し、思いやりの心や望ましい人間関係を育てる。」ことがねらいで、いじめ防止活動の一つでもあります。今日の内容は、各班とも班長の6年生が司会となって、自己紹介などを行いました。高学年の児童が、1年生に優しく声をかけている微笑ましい場面もみられました。これから運動会など様々な活動で、楽しい交流があります。

 トップページへもどる