こどものためのルールブック50 No.12&15&16&17&18&19&20 &50

 本校の研究
平成28年度
「自他共に、よりよく生きようとする児童の育成」
-道徳的価値の自覚を深めるための指導の工夫を通して-
 
外部講師による出前授業 
(2月13日)
 
 2月13日に、前橋大胡中(前 群大附属小)の岡田千穂先生、筑波大附属小の加藤宣行先生を講師としてお迎えして、4年松組での道徳の出前授業、及び、講演会がおこなわれました。市教委や市内の先生方も多数参観し、50名以上の先生方に囲まれた中で授業は進められました。
 授業では、岡田先生が「500人からもらった命」という資料を使い、「命」について考えさせました。子どもたちは、見えてきた命のつながりを黒板に表したり、自分に置き換えてプリントに書いたりしていました。どの子も、様々な人と、気持ちがつながり支えられ命があることを感じることができました。「500人でなく5000人からもらったみんなの命だね。」最後にそんな声が教室に溢れました。
 授業後は、加藤先生が、授業解説と講演をおこない、今後の道徳の授業のあり方等を学ぶことができました。本日学んだことを、今後の道徳授業に生かしていきたいと思います。講師の先生方、遠路お越しいただきありがとうございました。







前橋大胡中岡田先生による4松出前授業の様子 
 

筑波大付属小の加藤先生による授業解説、講演
2年道徳~初任研・赤石教諭~
 「どうして あきらめないで がんばるのかな」 (1月30日) 
 

もも組道徳
 「みんなが使う物について約束や決まりを考えよう。」 (12月6日) 


 
12月 朝会 全教育活動を通した道徳教育
(12月6日)
 
  今朝は、表彰の後、校長先生から、冬休みには、もちつき、たこ揚げ、かるたなどの日本の伝統行事にも参加しましょうと、お話がありました。日本の伝統文化を大切にしようという内容でした。


 
 1年道徳
 「『やさしいこころ』についてかんがえよう」 (12月2日)
 



つくし組道徳
 「困ったらどうしよう?~いい気持ちになろう~」 (11月29日) 
 

1年道徳
 「『ともだち』についてかんがえよう」 (11月22日) 
 



4年国語
 「『クラブ活動リーフレット』を作ろう」 (11月21日)  


 
5年音楽
 「音階の音で旋律づくり」 (11月17日)  



 
教育研究所授業 4年算数
 「でこぼこな形の面積を求めよう」 (11月7日) 
 


6年道徳
 「きまりを守る」 (11月7日) 



 
 2年道徳
 「物を大切にする心」 (11月7日)



 
11月 朝会 全教育活動を通した道徳教育
(11月1日)
 
 今朝は、朝会がありました。二小では1日から11日までを、人権週間(人権集中学習)として取り組んでいます。そこで、人を差別しないで、だれとでも仲良くすることの大切さを、読み物資料「同じ仲間だから」をもとに、お話してくださいました。さらに、子どもたちは、これから、人権啓発ビデオを見たり、標語や作文を書いたりして、人権に関する学習を深めていきます。 
 



 中期指導主事訪問 
(10月25日)
 今日は、中期指導主事訪問日でした。3年松組と5年竹組で、道徳の授業公開がありました。午後は、市指導主事の先生を指導助言者として、授業研究会が行われました。「明確な指導観」「発問の吟味」に着目し、研修を深めているところです。 
3年道徳
 「周りのことを考えて」 (10月25日) 



 
 5年道徳
 「相手の立場」 (10月25日)



 
 授業研究会

 
校内研修全体会 
(10月17日)
 
 今日の校内研修全体会は、栗原校長先生が、11月11日に開催される全国小道研「愛媛大会」のプレ発表をしてくださいました。「道徳科を要に、全教育活動で行う道徳教育の充実」というテーマでの発表でした。指導講評の渋川市立三原田小の下境校長先生、司会の館林市立第六小の小林先生もおいでくださり、本番さながらの発表でした。







 
 校内提案授業 2年道徳
 「友だちへの思いやり」 (10月11日)
 今日は、2年の山口教諭が、「友だちへの思いやり」を主題として、校内提案授業を行いました。「身近にいる人に温かい心で接し、親切にすること」をねらいとした授業でした。「ぐみの木と小とり」の資料を基に、一人一人が相手のことを思って親切にすることに付いて考えました。放課後には、授業研究会も行いました。 



 
授業研究会 


 
 10月 朝会 全教育活動を通した道徳教育
(10月4日)
 今朝は、朝会がありました。だれにでもよさがあること、そして、それを伸ばすことが大切であることをお話してくださいました。校長先生は、「みなさんのよいところは何ですか?」と、全校の子どもたちに問いかけました。子どもたちは、自分のよさを思い出したり、隣の子に伝えたりしていました。 

 
一人1授業を実施 
 第二小学校では、年間を通して全教員の一人1研究授業とその授業研究会を実施しています。今年度は道徳の教科化に向け、道徳的価値の自覚を深めるための指導の工夫に焦点を当てて、授業研究を進めています。また、国語や算数などでも言語活動を充実させて、授業実践を日々おこなっています。これからも、児童の学力向上と道徳性の育成に向けて、工夫した授業をおこなっていきます。 
5年道徳  「友と支え合って」 
(9月27日)



 
6年国語「平和についての考えを深め、説得力のある意見文を書こう」
(9月16日)
 



 
 市小学校校長会主催 研修会
(9月2日)
 9月2日、館林市小学校長会主催の研修会が、本校コンピュータ室で開催されました。講師の宇都宮大学教育学研究科准教授、和井内良樹先生が、「道徳の教科化に向け、今、学校で準備しておくこと~『考え、議論する道徳』への授業転換にむけて」というテーマで、ご講演してくださいました。文科省の動向や、先生ご自身が各学校で実践されてきた具体例をお話ししてくださり、57名の参加者自身もグループでシェアリングをするなど、あっという間の90分でした。学んだことを、これからの授業実践に生かしていきたいと思います。
 



租税教育セミナー 
(8月3日)

 8月3日(水)、関東信越国税局主催の租税教育セミナーが前橋テルサで開催され、本校の茂木教諭が実践報告をしました。税金とは何か、税金の使われ方など、地域の福祉施設開設を事例に、6年生の実践の様子を伝えました。 (詳しい内容は、8月4日付け「上毛新聞」に掲載されています。)



 
 夏休み 体育実技講習会 
(8月3日)
 
 今日は、市内小学校教員を対象とした、体育実技講習会がありました。ボール運動の進め方や表現運動を勉強しました。2学期の体育の授業に生かしていきたいと思います。 
 


 社会科フィールドワーク
ーめざせユネスコ記憶遺産!上野三碑とガト-フェスタハラダ工場見学
(8月1日)
 夏休みに入り、各種研修会が開催されています。今日は、ユネスコ記憶遺産国内候補である「上野三碑(多胡碑、山上碑、金井沢碑)」のうち、多胡碑、金井沢碑を見学しました。その歴史的価値について理解し、4年生の群馬県の文化遺産についての指導に生かすことができるようにするためです。午後は、本県の名産品である人気のガト-フェスタハラダの工場を見学し、身近な食品の作り方を学びました。 




 
夏休み 校内研修全体会 
(7月29日)
 
  全国小学校道徳教育研究会夏季中央研修会の報告と、教材分析を行いました。


 
夏休み 校内研修全体会 
(7月25日)
 夏休み中、校内研修全体会では、道徳資料の教材分析を行います。今日は、1年生「親切、思いやり」の教材「ぼくにできること」の分析をグループに分かれて行いました。29日(金)には、学年ブロックごとに、2・3・5年の教材分析を行います。
 

7月 朝会 全教育活動を通した道徳教育
(7月1日)
 
 今朝は、朝会がありました。校長先生が、身近な出来事を例に、「正しいことを勇気を出しておこなうことの大切さ」についてお話してくださいました。友だちがふざけてかべに落書きをしているとき、「やめようよ。」と言えますかと、子どもたちに問いかけていました。 


 
6月 朝会 全教育活動を通した道徳教育
(6月7日)
 
 今朝は、朝会がありました。校長先生が、東京五輪パラリンピックのエンブレムが決まったことから、「だれとでも仲良く話ができる人に」「その国のあいさつ、服、食べ物を大切に」と、国際理解についてお話してくださいました。また、「日本のことを知り、館林のことならまかせて」という子になってほしいとも、話されました。郷土のことをよく知り、世界の中の日本人としての自覚がもてる子どもたちを育てていきたいと思います。体育館に入る際、出る際には、企画委員(児童会本部)の子どもたちが「ハイタッチあいさつ運動」をしています。笑顔いっぱいの一日が始まることを願い、集会のたびにおこなっています。





 
6年生道徳授業
(6月6日研究授業・前期指導主事訪問日)
 
 今日は、前期指導主事訪問でした。市教育委員会の課長や主幹、係長、指導主事の先生方、市教科指導員の先生方、研究所で研究されている先生方など、多くの方々が、授業参観にお見えになりました。全教員が、様々な教科の授業を公開しました。また、4校時は、本校研修主任の茂木ちはる教諭が、研修テーマに従い、道徳の授業を公開しました。「友情・信頼」の価値項目で、今までよりも友達の気持ちを考えて行動しようという意欲をもたせるために、資料提示や発問等の手立てを工夫しながら、実践を行いました。午後は、授業研究会等を行い、指導主事の先生などからご助言をいただき研修を深めました。二小の授業研究は、しっかりスタートできました。指導してくださった先生方、ありがとうございました。 






 
 講師招聘 校内研修全体会
 今日は、群馬県総合教育センター指導主事の高橋学先生をお招きして、校内研修全体会がおこなわれました。本校では、本年度、「自他共に、よりよく生きようとする児童の育成」を研修主題として、道徳的価値の自覚を深めるための指導の工夫を通して、主題に迫ろうと考えています。そこで、講師の高橋先生から、「道徳科における問題解決的な学習とは」、「道徳的価値の自覚を深めるためには」等、理論とご自身の実践を通したお話をいただきました。日々の授業実践の中で、本日学んだことを生かしていきたいと考えます。講師の高橋先生、ご多用の中、ありがとうございました。
 


 本校の研究
平成27年
「自分の考えを明確に表現する力を身に付けた児童の育成」
-ねらいの達成に適した単元を貫く言語活動の工夫を通して-


館林市学力向上推進指定校
 26年度 研究紀要
 

25年度の実践はこちらから
     25年度 研究紀要
学力向上実践研究発表会
平成26年10月24日(金)

中学校の先生が6年生に英語の授業 
 第二中学校の英語の先生とALTが6年生のそれぞれのクラスに英語の授業を行ってくれました。将来の夢についてお互いに聞き合うエクササイズなど、楽しく会話する場面などもありました。第二中学校の先生方、ありがとうございました。
 
6年生の短歌が土屋文明記念文学館で展示 
 6年生児童の短歌作品が、群馬県立土屋文明記念文学館(前橋市)に展示されました。6年生全員が色とりどりの短冊に、自分の思いを短歌に表しました。教科書で取り上げられている有名な短歌から、文字数や何を題材にするかを学習したあとに、五・七・五・七・七の五句体を使って児童が感じている自然や日常生活を詠いました。6年生は、たくさんの方に見ていただくことを意識して、作品作りに励みました。
 
3年生算数授業
(11月30日)
   
 3年生の算数で、円の性質を理解する授業です。今日、円を描いた道具は、担当の先生が作ってくれた道具を全員が使いました。大きな円や小さな円をいくつも描き、それらの半径を調べて、円の性質をまとめました。 3年生は初めて円を学習するので、みんな大変意欲的でした。

 
 授業研究会を実施
  第二小学校では、年間を通して全学年の授業研究会を実施しています。今年度も国語の書く力に焦点を当てて、授業研究を進めています。1年生もこの時期には、メモを作ってそれをもとに文章を書くという授業実践を日々行っています。6年生の全国学力テストにおいては、本校の児童に書く力が着実に身に付いてきていることが確認できました。これからも、児童の学力向上に向けて、工夫ある分かりやすい授業を行っていきます。



 
4年生国語研究授業 1年生道徳研究授業(中期指導主事訪問)



2年生国語研究授業



1年生国語研究授業


5年生国語研究授業


2年生算数研究授業


6年生国語研究授業
4年生国語授業
(10月17日研究授業)
  
 「クラブのおすすめポイントを教えよう」という4年生の国語授業の様子です。自分が入っているクラブの楽しいところや、クラブでできるようになったことを、3年生に伝えるリーフレットを作るという内容です。今日の授業は、伝えたいことがたくさんメモしてあるものの中から、特におすすめポイントを選び、リーフレットの中心部分の内容を決めるというものでした。 授業の後半の話合いでは、友だちにアドバイスをする場面もみられ、みんな意欲的な学習ができました。




 トップページへもどる