トップページ議会交際費交際費支出及び公開基準



館林市議会交際費の支出及び公開に関する基準


1 趣旨
 議長またはこれに準ずる者が、市議会の円滑な執行を図るため、議会を代表して行う交際に要する経費(以下「交際費」という。)を公開するものとする。
2 責務
 交際費の支出にあたっては、支出内容や相手方について、社会通念上必要と認められる範囲内で、かつ最小限の金額となるよう努めるものとする。
3  支出区分
 交際費の支出にあたっては、以下の区分に基づき支出するものとする。

(1) 会費等 飲食を伴う会合等に支出する会費や寸志など
(2) 慶 祝 周年事業やイベントなどのお祝いに支出する経費
(3) 弔 慰 葬儀等における供花料や香典など
(4) 賛助・協賛 各種団体の催し物への賛助・協賛に係る経費
(5) その他 議会運営上、議長が特に必要と認める経費
4 支出額
 支出額は、社会通念上妥当な額とする。ただし、会費制による祝賀会、懇親会等に係る支出額は、会費相当額とする。
5 公開内容
(1) 交際費の公開項目については、次のとおりとする。
@ 支出年月日
A 支出区分
B 支出内容(ただし、相手方のプライバシーに特段の配慮が必要な場合には、個人名を非公開とする。)
(2) 公開の期日は、月締めで1か月ごとの支出状況を翌月中に公開するものとする。
(3) 公開の方法は、館林市議会ホームページに掲載するものとする。
6 適用
  この基準は、平成21年4月1日以降の支出について適用する。

トップページへ                            ↑このページの先頭へ