合併処理浄化槽の転換及び清掃に補助金を交付

2020年6月24日

トイレの排水と台所や洗濯などの雑排水を併せて処理できる合併処理浄化槽について、次の各補助金を交付します。

合併処理浄化槽への転換補助


補助額

 

令和2年度

令和元年度

5人槽

314,000円

230,000円

7人槽

374,000円

280,000円

10人槽

464,000円

330,000円

 

宅内配管工事への補助

令和2年度から単独処理浄化槽からの転換に限り、宅内配管部分の工事費が補助の対象になります。上記の補助額に下記の額が上乗せされます。

宅内配管工事に要する費用に相当する額

いずれか低い額

300,000円

浄化槽エコ補助金

くみ取り槽からの転換や配管工事を伴わない単独処理浄化槽からの転換については、県が交付する「浄化槽エコ補助金」100,000円が上乗せされます(ただし、予算に限りがあります)

 

補助対象とならないもの

  • 新築など建築確認を伴う浄化槽の設置
  • 自らが居住する専用住宅以外の用途に設置する場合
  • 7年を超えない期間内に公共下水道整備が予定されている区域
  • 集落排水、コミュニティプラント及び小規模集合排水処理施設整備事業などの実施区域、又は7年を超えない期間内にその供用開始が見込まれる区域
  • 世帯員に市税などの未納がある場合

※詳しくはお問い合わせください

 

注意事項

  • 原則として、既存単独浄化槽、汲み取り槽は撤去してください
  • 環境配慮型浄化槽のみ対象
  • 必ず工事実施前に申請してください
  • 実績報告書は令和3年2月26日(金曜日)までに提出してください

 

申込み

令和3年1月29日(金曜日)までに、地球環境課環境保全係へ

 

申請様式など

 

合併処理浄化槽の清掃補助


平成30年度より補助内容が変更となっています。

 

補助額など

  • 5~6人槽・・・10,000円
  • 7~9人槽・・・12,000円
  • 10人槽以上・・・14,000円

※同一浄化槽に対して、1回に限り交付します。また、申請は当該年度の清掃に限ります

 

補助対象とならないもの

  • 自らが居住する専用及び併用住宅以外に設置された浄化槽
  • 単独処理浄化槽(トイレからの排水のみを処理しているもの)の清掃
  • 公共下水道事業供用開始区域及び農業集落排水事業の供用開始区域などは、補助対象外になります。ただし、一部補助可能区域もあります

 

申込み

令和3年3月31日(水曜日)までに、同環境保全係へ

※申請は当該年度の清掃に限ります

※予算額に達した時点で受付終了

 

申請に必要な物

  • 領収書(清掃費を支払ったことを証明できるもの。作業報告書を兼ねる場合があります)
  • 作業報告書(清掃業者によって様式は異なります)
  • 浄化槽法第11条検査結果書(※7条検査の結果書では受付できません)
  • 通帳など(振込口座の分かるもの)
  • 印鑑

 

申請様式など

 

注意事項

  • 申請は当該年度の清掃に限ります
  • 平成29年度以前に同制度を利用されたかたには、令和4年3月末まで経過措置があります
    ※詳しくはお問い合わせください

 

 

共通事項


問合せ

同環境保全係(電話0276‐47‐5125)

関連ワード

お問い合わせ

地球環境課
環境保全係
電話:0276-47-5125