【新型コロナ関連】国民健康保険加入のかたの短期人間ドック費用を2万円助成します

2020年4月8日

 

3月15日号の広報、及び市ホームページに掲載された指定医療機関に一部変更がありました。
公立館林厚生病院については、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、令和2年度の国民健康保険の短期人間ドックの実施を見送ることになりました。
同病院を希望されたかたには、後日、市から連絡をさせていただきます。
なお、人間ドック及び特定健診などについて変更が生じた場合は、市ホームページなどでお知らせします。
ご理解、ご協力をお願いします。

 

4月1日に毎戸配布及び市ホームページに掲載した申請書の内容に一部誤りがありました。
短期人間ドック健診費助成申請書の胃部検査の欄に、
「※慶友健診センターの場合、胃カメラは口のみとなります」と記載されていましたが、鼻からの実施も可能です。
訂正とおわびをさせていただきます。 

 

 

健康の維持や病気の早期発見などのため、人間ドックをぜひご利用ください。
助成を受けるためには、指定された期間内に申請が必要です。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、4月8日(水曜日)・9日(木曜日)の文化会館カルピス®ホールでの受付は、実施を中止します。それに伴い、申請が郵送のみとなります

健診期間

6月1日(月曜日)~12月25日(金曜日)

※ただし、一部医療機関では令和3年3月31日(水曜日)まで

 

対象

国民健康保険税の完納世帯の被保険者

※受診時までに被保険者でなくなった場合は受診できません

 

指定医療機関・費用

区分

医療機関名

自己負担額(円)

日帰り

公立館林厚生病院

20,700(男性)

24,130(女性)

慶友健診センター

18,500

海宝病院

13,000

館林記念病院

13,000

新橋病院

11,000

※表の自己負担額は、助成額差し引き後の額

 

助成申請

4月8日(水曜日)から5月8日(金曜日)(必着)までに、申請書に必要事項を記入のうえ、保険年金課(郵便374‐8501 市役所内)へ
※土・日曜日、祝日は除く

※4月1日以前に市窓口及び市ホームページでダウンロードした申請書での申請もできます
※申請控え送付用の封筒と切手を同封してください

短期人間ドック助成申請書(150KB)

短期人間ドック健診費助成申請書(記入例)(161KB)

 

注意事項

  • 電話での申し込みはできません
  • 本人以外の申し込みは同世帯のかたに限ります
  • 受診日は、申請受付後、申請控えをもとに、後日申請者本人が直接、希望する医療機関に電話で予約することになります。ただし、公立館林厚生病院に申請したかたは、後日医療機関が受診日を決定し、市から決定通知を送付します
  • 令和2年度からおうら病院は人間ドックを実施しません
  • 短期人間ドックを受診されたかたは、令和2年度に実施する国民健康保険特定健康診査・後期高齢者健康診査を受診できません

 

問合せ

保険年金課国保係(電話0276‐47‐5138)

関連ワード

お問い合わせ

保険年金課
国保係
電話:0276-47-5138