新型コロナウイルス感染症情報

2020年4月1日

新型コロナウイルスに関連した感染症が、中国だけでなく日本やアジア各地、アメリカ、フランス、オーストラリアなどでも確認されています。

 

「帰国者・接触者相談センター」について

名称・電話番号・受付時間が変わりました(令和2年4月1日~)。

詳しくはページ下部(該当部分にジャンプします)をご確認ください

  • 群馬県新型コロナウイルス感染症コールセンター(旧:帰国者・接触者相談センター)
    0570‐082‐820

 

新型コロナウイルス感染症の感染等を予防するために

  • 積極的に手洗いうがいを行いましょう
  • 人ごみをさけ、睡眠・栄養をしっかりとりましょう
  • 咳やくしゃみ等がある場合は、マスクを着用するなど、咳エチケット(※)に注意しましょう

冬は風邪やインフルエンザなども流行する時期ですので、同様に予防しましょう。

※咳エチケット…咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻を押さえる

 

感染拡大を防ぐために皆さまへお願い

  • 換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けてください
  • イベントを開催するかたがたは、風通しの悪い空間や、人が至近距離で会話する環境は感染リスクが高いことから、その規模の大小にかかわらず、その開催の必要性について検討するとともに、開催する場合には風通しの悪い空間をなるべく作らないなど、イベントの実施方法を工夫してください
    「新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために」令和2年3月1日版厚生労働省資料より抜粋

 

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安

(1)相談・受診の前に心がけていただきたいこと

  • 発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休んでください
  • 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください

 

(2)群馬県新型コロナウイルス感染症コールセンターにご相談いただく目安

以下のいずれかに該当するかたは、群馬県新型コロナウイルス感染症コールセンターにご相談ください。

  • 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

なお、以下のようなかたは重症化しやすいため、この状態が2日程続く場合には、群馬県新型コロナウイルス感染症コールセンターにご相談ください。

  • 高齢者
  • 基礎疾患等のあるかた・透析を受けているかた
  • 免疫抑制剤や抗がん剤等を用いているかた
    (妊婦のかたへ)妊婦のかたについては、念のため、重症化しやすいかたと同様に、早めに群馬県新型コロナウイルス感染症コールセンターにご相談ください
    (お子様をお持ちのかたへ)小児については、現時点で重症化しやすいとの報告はなく、新型コロナウイルス感染症については、目安どおりの対応をお願いします

なお、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状態であり、インフルエンザなどの心配があるときには、通常と同様に、かかりつけ医等にご相談ください。

 

(3)相談後、医療機関にかかるときのお願い

  • 群馬県新型コロナウイルス感染症コールセンターから受診を勧められた医療機関を受診してください。複数の医療機関を受診することはお控えください
  • 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(※)の徹底をお願いします
  • 群馬県新型コロナウイルス感染症コールセンター(旧:帰国者・接触者相談センター)
    0570‐082‐820(平日・休日問わず)
    午前9時~午後9時
    上記以外の時間は受診相談027-223‐1111

 

参考サイト

 

手作りマスクについて

次の外部リンク先(YouTube)では、マスクの作り方(手づくりマスク)が紹介されています。

 

 

ご利用ください、コールセンター

  • 厚生労働省電話相談窓口:0120‐565653(フリーダイヤル 午前9時~午後9時 土・日曜日、祝日も対応)
  • たてばやし健康ダイヤル:0120‐374‐215(フリーダイヤル・24時間対応)
  • 群馬県新型コロナウイルス感染症コールセンター(旧:帰国者・接触者相談センター)
    0570‐082‐820(平日・休日問わず)
    午前9時~午後9時
    上記以外の時間は受診相談027-223‐1111

お問い合わせ

健康推進課(保健センター)
電話:0276-74-5155