職場におけるパワーハラスメント防止措置が事業主の義務となります

2020年5月19日

職場における「パワーハラスメント」とは

職場において行われる下記の3つの要素をすべて満たすもの

  • 優越的な関係を背景とした言動
  • 業務上必要かつ相当な範囲を超えたもの
  • 労働者の就業環境が害されるもの

 

事業主が講ずべき措置とは

  • 事業主の方針等の明確化及びその周知・啓発
  • 相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備
  • 職場におけるパワーハラスメントに係る事後の迅速かつ適切な対応
  • プライバシーの保護及び相談したこと等を理由として、解雇等不利益取扱いをされない旨を定め、労働者に周知・啓発すること

 

施行日

令和2年6月1日(中小事業主は令和4年3月31日までは努力義務)

 

問合せ

群馬労働局雇用環境・均等室(電話027‐896‐4739)

※詳しくは厚生労働省ホームページをご覧ください

お問い合わせ

産業政策課
電話:0276-72-4111