り災証明書・り災届出証明書について

2020年7月30日

地震や台風などの自然災害によって、住家等が被害を受けた場合、公的支援の手続きや保険請求などの手続きが必要なかたに、「り災証明書」または「り災届出証明書」を交付します。

証明書が必要なかたは安全安心課に交付申請してください。

※火災によるり災証明書は、館林地区消防組合消防本部で交付します。予防課保安係(電話0276‐72‐8364)へ問い合わせください

 

被害にあった場合、復旧作業の片付け前に必ず写真撮影をしましょう

住まいが被害を受けたとき最初にすること(180KB)
参考リンク:り災証明書を取得するための被害写真の撮り方<かんたん3つのステップ>(防災科研ホームページ)

 

証明の種類について

り災証明書

(住家のみ)

災害による住家の被害程度を証明するもの。
原則として、調査員が被害状況を確認するため現地調査を行います。

(対象)

住家(災害発生時において、現実に居住の用として使用されている建物)
賃貸住宅の場合、居住者だけでなく、賃貸住宅の所有者も申請は可能。

非住家(店舗など住家以外の建物)であっても、居住の実態があれば住家とみなしますが、空き家については居住の実態がないため、非住家として扱います。

り災届出証明書

住家または住家以外のものについて、申請者から被害の届出があった旨を証明するもの。
現地調査は行わず、被害の程度は記載しません。保険会社等への申請に利用できますが、届出証明で手続き可能かどうかはご自身で確認してください。

 (対象)
住家、住家以外の建物(カーポートや車庫、倉庫、塀、フェンス、看板、ビニールハウスや農業用倉庫等の農業施設、事業所、店舗など)や、工場等の機器類、車両、家財

 

申請先

安全安心課へ
※大規模災害時は変更となることがあります

※午前8時30分~午後5時15分(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)

 

申請者

本人もしくは代理人

 

交付手数料

無料

 

手続きに必要なもの※申請書は窓口にあります

  • 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、保険証など)
  • 写真(被害の状況が分かる資料)
  • その他、必要資料(写真が用意できない場合、修理に係る書類(見積り・領収書など)の写し)

(車両で水没による被害の場合)

  • 写真
  • 修理見積書や領収書、修理証明書等の写し

お問い合わせ

安全安心課
電話:0276-72-4111