農薬適正使用推進員を募集します【12月24日締切】

2020年10月26日

近年、食の安全及び環境問題への社会的関心が高まっており、農薬の安全かつ適正な使用及び農薬使用状況の記帳などが強く求められています。
このため、群馬県では、平成17年度から、農薬の適正使用等を実践する強い意欲を持ち、他の農業者に適切な助言等をできるかたを群馬県農薬適正使用推進員として認定しています。
本年度は、感染防止対策を徹底したうえで「新しい生活様式」を実践しながら養成研修及び認定試験を実施します。

また新型コロナウイルス感染拡大に伴い、研修会場の定員が大幅に制限されているため、申込者数が定員に達した時点で申込みを締め切ります。

 

農薬適正使用推進員の主な責務

  • 農薬取締法その他農薬に関する法令の遵守
  • 農薬の使用状況の記帳実践と推進
  • 農薬の適正な保管管理の実践
  • 他の農薬使用者に対する農薬の適正使用に関する助言(使用基準に関する部分を除く)及び農薬関連情報の提供

 

受講・受験資格

次のいずれかに該当する県内居住者

  • 農業者(研修受講年度に出荷実績を有する者または経営耕地面積が10アール以上の者
  • 農業法人の農業従事者
  • その他知事が適当と認める者(概ね1年以内に就農予定の農業学校等在籍者)

 

定員

60人

 

養成研修及び認定試験の日時及び会場

令和3年2月16日(火曜日) 午前10時~午後4時20分
群馬県産業技術センター多目的ホール(前橋市)
会場地図

 

認定期間

農薬適正使用推進員の認定期間は3年間です

 

費用研修費用及び認定費用

無料

※交通費・昼食代等は各自負担

 

申込み

12月24日(木曜日)(消印有効)までに、必要書類を群馬県東部農業事務所(郵便373‐0033太田市西本町60‐27 ファクス0276‐31‐8388)へ

※提出書類は群馬県ホームページ(農薬適正使用推進員を募集します【12月24日締切】(群馬県))にあります

※募集期間内であっても、定員に達ししだい募集を終了します

 

問合せ

群馬県農政部技術支援課生産環境室植物防疫係(電話027‐226‐3038 Eメールshokubou7@pref.gunma.lg.jp

 

その他

認定を受けたかたに対しては、農薬に関する研修会の案内、農薬情報の提供等を行っています