ロタウイルス感染症の予防接種が定期予防接種になりました

2020年10月7日

令和2年10月1日から、令和2年8月1日以降に生まれたお子さんを対象に、ロタウイルス感染症の予防接種が定期予防接種(無料)になりました。

ただし、令和2年7月31日までに生まれたお子さんについては、任意予防接種となりますので、一部助成の申請が必要となります。

 

ロタウイルス感染症とは

口から侵入したロタウイルスが腸管に感染して発症します。感染力が非常に強く、手洗いや消毒などをしっかりしても、感染予防をすることが難しいため、乳幼児のうちに、ほとんどの子どもが感染します。下痢や嘔吐は1週間程度で治りますが、下痢、嘔吐が激しくなると、脱水症状を起こす場合もあり、乳幼児の急性胃腸炎の入院の中で、もっとも多い感染症です。一生のうちに何度も感染するウイルスですが、初めてロタウイルスに感染した時は、特に重症化しやすく、まれに脳や腎臓に影響をおよぼすこともあり注意が必要です。

 

ワクチンについて

ロタウイルスワクチンは2種類あります。どちらも生ワクチン(弱毒化したウイルス)というもので、飲むワクチンです。医療機関によって取り扱うワクチンが異なります。2種類とも、予防効果や安全性に差はありませんが、接種回数が異なりますので、他のワクチンとの接種スケジュールなどを考慮して選択します。なお、原則としては、途中からワクチンの種類を変更することはできません。最初に接種したワクチンを2回目以降も接種します。

 

対象

接種日において館林市に住民登録のある、令和2年8月1日以降に生まれた乳児

 

接種時期・回数

初回は、出生14週6日後までに接種します。出生15週0日後以降の初回接種は、腸重積症の発症リスクが高くなることから、お勧めしません。

  • ロタリックス
    出生6週0日後から24週0日後まで
    2回接種(27日以上の間隔をあける)
  • ロタテック
    出生6週0日後から32週0日後まで
    3回接種(27日以上の間隔をあける)

 

接種の際に持参するもの

予診票・母子健康手帳・健康保険被保険者証・福祉医療費受給資格者証

 

ワクチン接種後に気を付けること

ワクチン接種後2週間ほどは、お子さんの便の中に、ワクチンのウイルスが含まれることがあります。おむつ交換の後など、ていねいに手を洗ってください。高熱、けいれんなど、異常を感じた場合は、すぐに医師の診察を受けてください。

 

腸重積症
腸重積症とは、腸が腸に入り込み、閉塞状態になることです。0歳児の場合、ロタウイルスワクチンを接種しなくても起こる病気で、もともと、3か月から4か月齢ぐらいから月齢が上がるにつれて多くなります。早めに接種を開始し、完了させることがすすめられています。

腸重積症イメージ

日本人小児の月例別腸重積症の患者分布

 

腸重積症は、手術が必要になることもありますが、発症後、早く治療すれば、ほとんどの場合、手術をせずに治療できます。以下のような症状が一つでも現れたら、腸重積症が疑われます。

  • 泣いたり不機嫌になったりを繰り返す
  • 嘔吐を繰り返す
  • ぐったりして顔色が悪くなる
  • 血便がでる

このような症状に気づいたら、すみやかに接種した医療機関を受診してください。接種した医療機関とは別の医療機関を受診する場合は、このワクチンを接種したことを医師に伝えてください。

 

問合せ

健康推進課母子保健係(保健センター内 電話0276‐74‐5155)

お問い合わせ

健康推進課(保健センター)
電話:0276-74-5155