死亡している野鳥を発見したとき

2021年2月22日

令和3年2月15日に栃木県栃木市においてハヤブサの死亡個体が1羽発見され、簡易検査の結果、A型鳥インフルエンザの陽性反応が検出されました。

環境省により、本市一部地域が野鳥監視重点区域に指定されました。

国内において、鳥から人間への感染例はありませんが、下記のとおり、ご対応をお願いします。

 

死亡している野鳥を発見した場合

  • 外傷がある場合、素手で触らずにビニール袋等に入れていただき、地域のゴミステーションに燃やせるゴミとして出してください
  • 外傷がない場合、地球環境課環境保全係までご連絡をお願いします

 

鳥インフルエンザに関して

群馬県ホームページをご確認ください。

 

問合せ

地球環境課環境保全係(電話0276‐47‐5125)へ

お問い合わせ

地球環境課
環境保全係
電話:0276-47-5125