令和元年度
2学期の様子をお伝えします


2学期通知表
(12月24日)
各学級担任は、子供たち一人一人に
2学期の通知表を渡しました。
教室で、その子の頑張りをみんなの前で褒めて通知表を渡す先生、
廊下で個別面談のように頑張りを説明をして渡す先生と、
渡し方はそれぞれでしたが、担任が子供たち一人一人を
大切に思う気持ちが感じられました。








2学期終業式
(12月24日)
2学期最後の日の朝、館林警察署のお巡りさんから
交通安全についてお話をいただきました。
自転車に乗るときにはヘルメットをかぶりましょう、
道路端の縁石に乗らないで歩きましょう、などのお話を
児童は真剣に聞いていました。
終業式で、校長からは「子どもたちの2学期の頑張りが
とても嬉しかった。これからも努力できる人に
なりましょう。」と話しました。







大掃除
(12月19日、20日)
2学期も終わりに近づき、各学級では大掃除を行いました。
普段できない所を時間をかけてきれいにしました。
自分の机やいすをすべて廊下などに出して床を水拭きし、
放課後、学級担任がワックスをかけました。







スーパーあいさつデイ
(12月17日、18日)
17日(火)には、第一中学校生活委員会の皆さんが
本校児童会役員と一緒にあいさつ運動を行ってくれました。
また、18日(水)には、2学期のスーパーあいさつ運動が行われ、
約150名の児童が自主的に参加して、大きな声で
あいさつをしていました。







こども音楽の広場
(12月9日)
館林市文化会館カルピスホールで、市内各小学校や
少年少女合唱団などが、演奏を披露しました。
本校金管バンドも出演し、「崖の上のポニョ」、
「バタフライ」の2曲を立派に演奏し、会場から大きな拍手を
いただきました。金管バンドにとっては、
1年間の集大成となる発表の機会でした。
子どもたちの送迎など、たいへんお世話になりました。




全校読み聞かせ
(12月5日)
朝行事の時間に、読み聞かせボランティアの岩本さんと
図書委員の5年生が、体育館で全校児童に
読み聞かせをしてくれました。
岩本さんの包み込むような温かい読み方と、
図書委員の気持ちのこもったせりふの読み方で
全校児童が、絵本の世界にすっかり入っていました。




金管バンドの練習
(12月4日)
一小金管バンドは、12月7日の「こども音楽の広場」に向けて
連日、早朝も練習をしています。
曲目は、運動会にも演奏した「崖の上のポニョ」と
その後練習を始めた「バタフライ」です。
明日の音楽集会では全校児童の前で演奏し、本番に備えます。
本番では、きっと素晴らしい演奏を聞かせてくれることと思います。





PTAベルマーク集計
(12月3日)
一小PTA、環境・ベルマーク委員の皆様が、
全家庭から回収されたベルマークの分類、
集計作業を行ってくださいました。
集まりましたベルマークで、子どもたちの
教育活動に必要なものを購入させていただきます。
保護者の皆様、ベルマークの回収に
ご協力をいただきまして、ありがとうございました。




災害見舞金の募金
(11月20日〜21日)
一小では、おとなりの佐野市へ災害見舞金を
募金しようということになり、児童会本部役員が
11月20,21日と登校時刻に募金活動を行いました。
42,448円集まり、11月25日に担当の
依田先生が佐野市福祉協議会へ届けてくれました。
皆様、ご協力ありがとうございました。





市小中学生美術展
(11月16日〜17日)
三の丸芸術ホールで、館林市小中学生美術展が開かれ、
本校からも、各学級の代表作品が展示されました。





ふれあいコンサート
(11月16日)
学校公開の5校時目は、保護者の方や地域の方と一緒に
「ふれあいコンサート」を楽しみました。
歌手の安村今日子さん、チューバ奏者の陣川雄一さんの
演奏でしたが、水道ホースで音を出したり、
本校の小貫先生チューバを吹いたり、
内藤先生のピアノ伴奏で校歌を歌ったり、
本校の金管バンドの演奏に安村さんが加わったりと
多種多様な演奏を楽しむことができました。
最後の全員合唱「パプリカ」では、多くの子どもたちが
嬉しそうに元気に踊っていました。










感謝の集い
(11月16日)
学校公開の1校時目は、全校で「感謝の集い」を
行いました。日頃からお世話になっている地域の方を
お招きして、お礼のお手紙を読み、花束を贈りました。
おやじクラブ代表の方が、地域の方を代表してあいさつを
してくださいました。






図書委員による読み聞かせ
(11月8日〜15日)
図書委員の5,6年生が3日間にわたって、
昼休みにクラスごとに1年生を、そのほかの希望者も一緒に
大型絵本で読み聞かせをしてくれました。
みんな、じぃっと聞き入っていました。











まった人権集中学習。
最後の学習として全校で人権集会を行いました。
集会では、人権作文、人権標語の代表者の発表などがあり、
人権について、もう一度考える機会をもつことができました。







草花の植栽
(11月12〜14日)
1年生から3年生は、自分の植木鉢に草花を植えました。
1,2年生はビオラ、3年生はスノーポールです。
これらの草花は、卒業式や入学式で、会場や通路を飾ります。
春に、株が大きくなってたくさんの花をつけてくれることでしょう。
また、緑化委員会の児童は、14日(木)昼休みに、
中庭や北側の花壇にパンジーなどの草花を植えました。
児童だけでなく、そこを通る方々にも草花を見て
楽しんでいただけると嬉しいです。










花壇コンクール市長賞受賞
(11月5日)
市民センター5階で花壇コンクール表彰式が行われ、
一小は、見事に市内全保育園、全小・中学校で
第1位となる市長賞を受賞し、表彰されました。
表彰式には、園芸委員会の3名の児童が参加し、
表彰式では、一小園芸委員長のMくんがお礼の言葉を述べました。
その後、3人はケーブルテレビの
インタビューを受けていました。





一中3年生の合唱
(11月5日)
11月1日(金)に合唱コンクールを行った、
第一中学校3年生が一小の子どもたちに
学年合唱「あなたへ」を披露してくれました。
今回は、3年生3クラス100名以上の生徒による
合唱だったので、昨年以上に大音量で歌声、
素晴らしいハーモニーを鑑賞することができました。
子どもたちも、じっと耳を澄まし聞き入っていました。
最後に、6年生のIさんがお礼の言葉を伝えました。





保健調査研究作品、第1位
(10月24日)

本校の中澤養護教諭が指導し、保健委員会児童が
夏休みに取り組んできた邑楽館林学校保健会主催の保健研究作品
「むし歯はかせになろう!」が、小・中学校調査・研究の部で
2年連続第1位を獲得しました。
保健委員会児童は、先日の学校保健委員会でも
発表し、今度は11月8日(金)の児童集会で発表して、
全校児童へ歯科衛生について啓発を行います。
なお、中澤養護教諭は、学校保健会での長年の
実績が評価され、永年勤続表彰を受けました。








館林市小・中学校書道展
(10月19日、20日)

各学級で2学期に取り組んできた1,2年生の書写と
3年生以上の書道の代表作品が、
館林市文化会館小ホールに展示されました。





就学時健康診断
(10月15日)

来年度入学を予定している園児の
就学時健康診断が行われました。
初めて学校に入る園児もいたことと思いますが、
不安そうながらも嬉しそうな表情で
教室を回っていました。




人権教育の授業

(10月8日)

3年3組の木村教諭は、館林市小中学校人権教育部会の
代表として道徳の公開授業を行いました。
「仲間を大切にするとは」をテーマに、誰に対しても分け隔てせず、
公正、公平な態度で接することについて考え、話し合いました。
たくさんの先生方に囲まれていましたが、3年3組の多くの児童が
自分の考えなどを発表し合い、テーマについて考えることができました。





「京劇」を鑑賞
(10月3日)

昨年度より申し込んでいた文化庁の「文化芸術による
子ども育成総合事業」に当選し、本校で中国の伝統芸能「京劇」を
鑑賞しました。新潮劇院による京劇「孫悟空 天界で大暴れ」には、
9月3日のワークショップに参加した児童17人も出演しました。
校長も、にせ孫悟空役で出演し、児童の笑いを誘いました。









運動会
(9月28日)

本校の運動会が行われ、たくさんのご来賓の皆様、
保護者の皆様、地域の皆様にお越しいただき、
大盛況のうちに無事終了することができました。
子どもたちに大声援をおくってくださり
たいへんありがとうございました。
すべての子どもたちが精一杯の走り、
ダンス、応援を見せてくれました。
今年は、3つの団の接戦でしたが、
青団(各学年の3組)が優勝して幕を閉じました。














一中生、職場体験
(9月19日、20日)

第一中学校2年生4名が、職場体験として一小に来ました。
4名とも一生懸命に活動し、子どもたちとの
ふれあいを通して貴重な体験となったようです。
6年生の教室では、中学校での生活について
6年生からの質問に答えてくれました。
皆、体験を通してより一層、学校の先生になりたいと
思うようになったと感想を話していました。






運動会係打合せ
(9月19日)

5年生までの児童が5校時で放課になった後、
6年生は、6校時に運動会の係打合せを行いました。
前日までの準備や当日の係の仕事について
担当教員と打合せを行い、当日の運営が
スムーズに流れるよう確認しました。





絵本の寄贈
(9月18日)

本校卒業生で、駒沢大学名誉教授(ドイツ文学者)の
栗原万修(くりはらかずのぶ)様から、
昨年度に続いて、たくさんの絵本を寄贈いただきました。
いただいた絵本の多くは、ドイツ語での出版しかなく
栗原様が独自に日本語に訳し製本した
世界でたった1冊の絵本です。
また、絵本作家の馬場のぼる様の
直筆サイン入り絵本も併せていただきました。





ラジオ体操
(9月17日)

運動会で、より正しくラジオ体操ができるように
館林市のラジオ体操協会の方から
ご指導をいただきました。





芸術鑑賞教室
(9月3日、5日、13日)

今年度も、館林市文化会館カルピスホールで
芸術鑑賞教室が開かれました。
9月3日に4,6年生が和太鼓「毘沙門」、
5日に1,2年生がミュージカル「3匹のこぶた」、
そして、13日に3,5年生が群馬交響楽団による音楽を
それぞれ鑑賞し、音楽劇や様々な音楽に
直接触れることができました。



リレーのバトンパス練習
(9月11日)

毎日20分休みの時間に、運動会の花形種目、団対抗リレーや
学級対抗リレーでのバトンパス練習を行うクラスが多くなり、
運動会への雰囲気が盛り上がって来ました。
また、今年の運動会のスローガンが
「令和最初の運動会 みんなでつなごう 輝くバトン」
と決まりました。




ダンスの練習
(9月5日〜)

来る9月28日(土)の運動会に向けて、各学年で
表現・ダンスの練習が始まりました。
1,2年生が「すすめ、ナンセンス」、
3,4年生が「世界はあなたに笑いかけている」、
そして、5,6年生が「よさこいソーラン」です。
暑い毎日ですが、熱中症にならないように
気をつけながら頑張っています。







花壇の草花
(9月6日)

今年度は、一小花壇の整備にも力を入れてきました。
園芸担当の川嶋先生、津久井先生をはじめ、
園芸委員会児童が種から育てたり、草取りをしたり
毎日水くれをしたりして花壇を整備してきました。
今、草花がとてもきれいに咲いています。
ご来校の際には、ぜひ花壇の草花にも目を向けてみてください。




二学期最初の縦割り遊び
(9月6日)

朝の児童集会の時間に、二学期初めての
縦割り遊びを行いました。
今月28日には運動会があり、この縦割り班が
それぞれの団となります。
縦割り遊びを通して、異学年の交流を深めました。





引き渡し訓練
(8月30日)

雨のため5時間目に予定していた地震による火災の
避難訓練は中止になりましたが、
保護者の方への引き渡し訓練は予定通り行いました。
おいそがしい中、ご都合をつけ訓練にご協力をいただき、
誠にありがとうございました。





二学期始業式
(8月28日)

夏休みが終わり、学校に元気な子どもたちの声が戻って来ました。
今日は、二学期始業式を行いました。子どもたちは体育館で
誰一人話す子もなく、静かに待つことができ、驚きました。
校長からは、校歌3番の「ががやく学校」というのは、
「みなさん一人一人が自分のよさ、よいところを発揮して
輝くように活躍している学校のことと思う。誰もが輝き
活躍することを期待しています」という話をしました。
教室では、夏休み中の課題などを提出しました。



 


サマーチャレンジ
(7月22日〜30日)

本校では、夏季休業中に各学年ごとに
サマーチャレンジ学習を実施しています。
 今年度は内容を見直し、昨年度よりも少なくなりましたが、
各学年とも、夏休みドリルを進める「サマースキルアップ」と
学年ごとに内容を決めた体験的な学習を行いました。
体験的な学習として、1,2年生は「サマーイングリッシュ」、
3年生では「虫たちとふれあおう」などを行いました。



JRCトレセン
(7月22日)

館林地区青少年赤十字(JRC)トレーニングセンターが
館林市総合福祉センターで行われ、本校より
市内最多の児童会本部役員7名が参加しました。
他校の児童と自校の課題やその改善策について話し合ったり、
三角巾を使った応急手当の仕方を学んだりしました。
防災ワークショップの後、炊き出しを行いカレーライスを食べました。
実りの多い体験活動ができました。













5月まではこちら

home

トップ画面に戻る