音楽集会(4年生発表)
(11月21日)
 今回は、 4年生の発表でした。最初に「パレードホッホー」を歌いました。大きくてきれいな歌声が体育館いっぱいに広がりました。
最後にリコーダーで「茶色の小びん」を演奏しました。歯切れよく弾むようなリズムの演奏に合わせて、
体を揺らしながら聞いている子がたくさんいました。







90周年記念式典
(11月16日)
  開校90周年を記念して、ご来賓の皆様をお迎えして式典を行いました。1部は、3〜6年生が参加し、教育長からご祝辞をいただたり、
二小の元校長先生から二小の歴史についてお話をいただいたりしました。また、代表児童が作文を発表しました。
2部は、1・2年生も参加をし、金管バンドクラブの記念演奏や第九合唱団の方をお招きしての合唱がありました。
この日指揮者をされていた多田羅先生の「歓喜の歌」のソロパートの歌声を聞き、その声量に子供たちは驚いていました。








ライブペインティング(90周年記念行事)
(11月16日)
  学校公開も兼ねて、6年生は画家の弓手先生を講師による「ライブペインティング」を体験しました。
縦0.9m、横5mの大きなアクリル板に、「館林の風景」というテーマで、6年生が全員で協力して作品を仕上げました。
1時間目は、松組がアクリル絵の具などで下地を塗り、その上に墨汁を塗りました。色塗りをした上に真っ黒の墨汁を塗るという
初めての体験に最初は戸惑っていましたが、一人がやり始めると他の子も思い切って墨汁を広げていました。
さらに、その上に食塩を撒き、1時間目が終了しました。授業ではやらない手法にドキドキしたようでしたが、楽しかったようです。
2時間目は、竹組がオイルパステルを使って絵を描いていきました。最初は一人一人が思うように描いていましたが、
次第に、「ここに城沼を描こう」「館林はやっぱりつつじでしょ」「りょうもう号も入れたい」などと会話をしながら協力して描いていました。
仕上がった作品を見た弓手先生からは、「絵画展に出してもいいくらいとてもいい作品です。」とお褒めの言葉をいただきました。
弓手先生を始め、たくさんの方にご指導・ご協力をいただいたおかげで、子供たちは貴重な体験ができました。















ことばラボへようこそ(PTA文化部行事)
(11月13日)
 今年のPTA文化部行事は、よみきかせ隊の皆様による「ことばラボへようこそ」でした。
「あらしのよるに」の演劇のような読み聞かせに始まり、児童が楽しく参加した回文やクイズ、
小学校ではなかなか触れる機会のない古典や漢文などの紹介がありました。
最後に、全校児童、よみきかせ隊の皆様、職員と体育館にいる全員で「くじらぐも」の群読をしました。
児童だけが読む部分、職員だけが読む部分と読み分けがあったのが楽しかったです。
1年生は国語で「くじらぐも」を学習したので、「てんまでとどけ、1、2、3。」のところで、元気よく飛び跳ねていました。








火災想定避難訓練
(11月13日)
 今回は、休み時間に大地震が発生したと想定し、避難訓練を行いました。校庭で遊んでいるときに地震が発生した場合、
校庭の真ん中に集合することになっています。子供たちは、放送が入ると同時に遊びをやめ、素早く集合していました。
その後、火災が発生したことを想定し、全校児童が校庭に避難をしました。「お・は・し・も」を守って避難できていました。
さらに、訓練用の消火器を使って、消火訓練も行いました。消防隊員の方のデモンストレーションの後、職員と4〜6年の
代表児童が消火訓練を行いました。児童もしっかりレバーを押して、水を放水していました。
おまけで、1年生が国語で「はたらくくるま」の説明文を書く学習をしているので、消防車のしくみを説明していただきました。








表彰朝会
(11月12日)
 今回は、五地区新聞コンクール、夏休みの課題作品、体操やテニス、市及び県の陸上記録会の表彰を行いました。







音楽集会(1年生発表)
(11月7日)
 今回は、 1年生の発表で、ピアニカで「きらきらぼし」の演奏と、「しあわせなら手をたたこう」の歌を披露しました。
息のぴったり合ったピアニカ演奏と、元気いっぱいの歌を聴かせました。歌に合わせた手振りもとてもかわいらしかったです。
音楽発表に向けた練習や本番での発表を通して、また一つ大きく成長することができました。







人権講話
(11月5日)
 12月1日の世界人権デーに向けて、二小では11月1日〜8日を人権集中週間として、人権学習に取り組んでいます。
その一つとして、朝会で校長先生から全校児童に人権についての話がありました。
まずは、「人権」とは何かということについて低学年の児童にもわかるように説明しました。
次に、金子みすずさんの詩を読み、「自分のいいところ、友だちのいいところを見つけ、認め合っていきましょう」と呼びかけました。
自分のことも大切にし、相手のことも大切にできることを目指し、学習を進めていきたいと思います。



 トップページへもどる