沿革

第六小学校の歴史と沿革

当校の経歴を掲載いたします。

明治6年
11月
活目学校として遍照寺にて開校
明治17年
邑楽第七小学校と改称
明治19年
邑楽第十小学校と改称
明治20年
4月
校名を改め、新宿尋常小学校と改称
明治23年
3月
校名を六郷尋常小学校と改称
明治43年
2月
新校舎落成

4月
高等科を併設
大正7年
10月
増築校舎落成
昭和2年
5月
米国より寄贈された人形が本校に届く
昭和3年
5月
女子籠球チームが、足利高女主催の大会にて優勝旗を獲得
昭和14年
3月
尋常科に手工科を加設
昭和16年
4月
邑楽郡六郷国民学校となる
昭和18年
4月
私立東武青年学校が、本校を仮校舎として開校
昭和19年
4月
館城青年学校開校
昭和22年
2月
邑楽郡六郷村立六郷小学校と改称
昭和23年
2月
PTA創立し、総会を開く
昭和29年
4月
館林市立六郷小学校と改称
昭和40年
1月
体育館落成
昭和41年
4月
館林市立第六小学校と改称
昭和43年
4月
プール竣工
昭和49年
1月
新校舎落成(鉄筋)
昭和54年
4月
本校より分離し、第十小学校開設
昭和58年
10月
第38回国体レスリング競技開会式に、少年少女合唱団が参加
昭和60年
1月
市タイムカプセル収納作品提出
昭和60年
9月
旧校舎撤去
昭和61年
3月
特別教室増築(理科室・音楽室・家庭科室)
昭和62年
10月
道徳教育管理実践講座の会場校となり、道徳の授業を公開
昭和63年
5月
マーチングバンド編成
平成元年
12月
愛と平和の鐘設置(市より)
平成3年
4月
本校より分離し、美薗小学校開校
平成4年
3月
大規模校舎改造第一次工事完了
平成5年
5月
東毛林間学校(5年)開設
平成5年
12月
両毛5市学校新聞コンクールに、PTA新聞が特選を受賞
平成6年
3月 
開校120周年記念碑設置
平成6年
11月
平成4・5・6年度、群馬県教育委員会指定体力つくり実践推進校発表会
平成7年
11月
館林市草花クラブ主催の花壇コンクールにて市長賞を受賞
平成8年
12月
館林教育調査研究にかかわる授業公開(国語)
平成9年
11月
全国学校保健体育優良校受賞
平成10年
4月
群馬県社会福祉協議会・館林市社会福祉協議会より、社会福祉協力校の指定
平成12年
11月
群馬県・館林市社会福祉協議会指定社会福祉協力校発表会
平成14年
4月
学校週5日制完全実施
平成19年
4月
館林市教育委員会より指定学力向上実戦推進校の指定
平成19年
11月
平成20年度より臨海学校中止となる
平成20年
3月
体育館大規模改修工事完了
平成20年
6月
6年修学旅行実施(福島方面 1泊2日)
平成20年
7月
校舎耐震補強工事開始
平成20年
11月
館林市教育委員会指定学力向上実践推進校発表会
平成23年
11月
館林市草花クラブ主催の花壇コンクールにて市長賞を受賞
平成24年
1月
館林市教育委員会指定 小学校英語活動推進事業研究発表会
平成25年度・26年度   文部科学省道徳教育総合支援事業指定校

戻る