時計台のある小学校館林市立第四小学校ロゴ
TOPページ>紹介
保健室前の掲示板 
 保健室の先生が、手洗いの仕方やマスクのつけ方、熱中症予防など、たくさんの充実した掲示物を作成して.くれました。四小では、毎日休み時間に手洗いソングが流れ、全校児童がしっかりと石鹸で手洗いをしています。いつも工夫あるわかりやすい掲示をありがとうございます。





 
養護教諭による保健授業 
  4年生の体育で養護教諭が第2次性徴の授業を行いました。思春期の入り口という時期の4年生は、心の変化とともに体の変化もあり、不安の大きくなる時期でもあります。大人になる過程を不安なく過ごせるよう、計4回の丁寧な授業を行っていきます。
 
 養護教諭によるメディアコントロール授業
  養護教諭が全学年対象に、冬休み中にゲームやパソコンなどをやり過ぎて不健康な生活をしないよう、メディアとの付き合い方の授業を行いました。時間を決めてゲームなどをする大切さやゲームのやり過ぎによる弊害についてを学びました。ご家庭でルール作り等、ご協力をよろしくお願いします。
 
養護教諭による歯科指導
 養護教諭が各学級で歯磨き指導を行っています。歯並びによって磨き方を変える必要があることや乳歯の虫歯が永久歯に影響することなどを学んでから、歯垢染めだし液を使って自分の歯の磨き方を点検します。そして、鏡を見ながら、どこに汚れが残っていて赤く染まっているのかを確認し、その部分を重点的に磨くという、自分の磨き方を改善する学習です。 


 
 養護教諭による保健学習2,3
 4年生のクラスで、養護教諭が心と体の成長についての2回目と3回目の授業を行いました。2回目と3回目は、思春期の体の変化の学習です。第二次性徴についてが主で、大人の体になる男女の体の変化が中心でした。小学生のときの体の成長は個人差が大きいので、悩んだときには家族や先生に相談するという考えが 、児童の中から出てきました。みんな真剣に自分のこととして考えていました。
 
養護教諭による保健学習1 
 4年生のクラスで、養護教諭が心と体の成長についての1回目の授業を行いました。生まれた時から体がどれくらい成長したのか、そして、小学校に入学してから、どれくらい背が伸びて、どれくらい体重が増えたのかがわかる資料を個別に用意して、自分の成長に注目させながら授業を進めました。次回の授業は、体の変化について授業を行う予定です。思春期に入ってきた4年生ですので、この学習を通して、これからの自分の心と体の変化をしっかりと受けとめ、健全な成長をしていってほしいと思います。
 

 養護教諭の歯科指導
  11月に入り養護教諭が各学級で歯磨き指導を行っています。まず、歯の汚れが残っているところを着色する歯垢染めだし液を使い、自分の歯の磨き方を点検します。次に、どこに汚れが残っていて赤く染まっているのかを確認し、その部分を重点的に磨き、自分の磨き方を改善する学習です。歯の健康は、体全体の健康に大変重要です。これからは、保健室の先生に教わった正しい磨き方で、いっそう歯の健康が保たれることと思います。四小は、全校で虫歯なしの健康な生活をめざしていきます。