メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
館林市

トップページ > くらし・手続き > 税金 > 市・県民税 > 申告 > 住民税の申告書作成と税額の試算ができます

住民税の申告書作成と税額の試算ができます

更新日:2022年1月5日

住民税額試算・申告書作成システム

下記のリンクから、源泉徴収票等をもとに、収入や控除内容を入力することで、住民税(市・県民税)額の試算や住民税申告書を作成することができます。

住民税額試算・申告書作成システムでできること

  • 住民税申告書の作成と税額の試算
  • ふるさと納税の控除限度額の簡易計算
  • 医療費控除明細の作成

利用上の注意

  • 試算した税額等は確定額ではありませんので、あくまでも参考としてご利用ください
  • 利用できるのは、令和4年度の住民税額の申告書の作成と試算です。令和4年度の住民税は、令和3年1月1日から令和3年12月31日までの所得金額が基準となります
  • このシステムで作成できるのは住民税申告書です。所得税の確定申告書を作成するかたは、関連リンクの国税庁ホームページをご利用ください
  • 試算に使用した入力内容は、サーバーなどに保存されることはありません
  • 営業・農業・不動産所得の収支内訳書の作成はできません
  • 作成された住民税申告書を印刷し、所得や控除に関する添付書類、本人確認書類(マイナンバーカードの写し、または番号確認書類と身元確認書類それぞれの写し)を同封し、下記提出先までご提出ください

提出先

郵便番号:374-8501
住所:城町1-1 館林市役所税務課市民税係

注:ファクスや電子メールなどによる提出はできません

営業・農業・不動産所得のあるかた

営業・農業・不動産所得のあるかたは市民税・県民税申告書及び各種収支内訳書集から収支内訳書をダウンロードし、必要事項を記入し、押印のうえ、申告書と合わせて提出してください。

医療費控除を申告するかた

医療費控除または医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)の適用を受ける場合、「医療費控除の明細書」または「セルフメディケーション税制の明細書」の添付が必要です。

住民税額試算・申告書作成システムにて、明細書を作成し、申告書に添付してください。また、明細書を作成した場合、医療費の領収書の添付は不要ですので、ご自宅で5年間保管してください。

問合せ

税務課市民税係
電話番号:0276-47-5107

このページに関する問い合わせ先

政策企画部 税務課 市民税係
電話番号:0276-47-5107
窓口の場所:1階10番窓口

メールで問い合わせ

このページに関するアンケート

このページは探しやすかったですか?
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。