メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
館林市

館林市奨学資金

更新日:2021年11月12日

進学の意欲と能力があるにもかかわらず、経済的な理由で高等学校以上の学校への進学が困難なかたに対し、必要な資金を貸与する奨学資金制度を設けています。
この奨学資金は「貸与」ですので、卒業後に返済が必要です。貸与を希望する際は、自分の進路や生活設計に基づき、貸与資格や返済方法などをよく確認してからお申し込みください。

貸与資格

在学学校長又は出身学校長が適当と認め推薦し、次の各号のいずれにも該当するかた

  • 市内に1年以上在住している世帯の子
  • 学校教育法(昭和22年法律第26号)に規定する高等学校(中等教育学校の後期課程を含む)、高等専門学校、専修学校(一般課程を除く)若しくは大学に在学、又は入学しようとするかた
  • 学力優秀で品行が正しいかた
  • 経済的な理由で学資を出すことが困難な世帯の子

貸与月額

高等学校

9,000円以内

専修学校高等課程

9,000円以内

高等専門学校

17,500円以内

専修学校専門課程

39,900円以内

短期大学・大学

39,900円以内

申込受付

毎年1月中に、4月からの奨学資金貸与希望者を募集します。指定の申込書類などを提出してください。
注:申込受付は、原則年1回です。貸与を希望する場合は、入学予定学校の合格発表などに関係なく、受付期間内に申請してください

貸与者の決定

受付期間内に申し込まれたかたについて、提出書類をもとに決定し、選考結果を4月初旬に文書で通知します。
注:年度ごとに予算の範囲内で貸与者を決定しますので、採用されない場合もあります

貸与方法

奨学生本人または保護者名義の金融機関口座に、3か月分ずつ振り込みます。振り込み月は、5月(4から6月分)、7月(7から9月分)、10月(10から12月分)、1月(1から3月分)の年4回です。
貸与する期間は、在学する学校の正規の修業期間です。貸与2年目からは、学年末ごとに成績証明書を提出することにより、継続して貸与を受けることができます。

返済方法

貸与は無利子です。卒業後1年間据え置いた後、貸与年数の2倍に相当する期間内に、月払い又は年払いにより返済することになります。
奨学生本人宛に奨学資金貸付金返済納入通知書を送付しますので、銀行等の窓口で納入してください。
注:口座振替による納入は取り扱っていません

令和4年度(同年4月から)の奨学資金貸与希望者の申込受付

受付期間

令和4年1月4日(火曜日)から令和4年1月31日(月曜日)
注:土・日曜日、祝日を除く午前8時30分から午後5時15分まで

貸与期間

令和4年4月から正規の修業期間

申請要項・申請書等配付期間

令和3年11月1日(月曜日)から教育総務課総括係にて配付
注:土・日曜日、祝日、年末年始を除く午前8時30分から午後5時15分

申込に必要な書類等

  1. 奨学資金貸与申請書
    保証人は2人必要です。(独立生計を営む成年者で、うち一人は保護者可)
    市外在住者を保証人とする場合は申請時に保証人の住民票謄本(世帯主・本籍の記載のあるもの)が必要になります。
  2. 奨学資金貸与者推薦書
  3. 成績証明書
  4. 申請者(奨学生)の世帯を支える所得者の令和3年中の所得が確認できる書類(所得証明書、源泉徴収票、確定申告書の写しなど)
  5. 住民票(世帯全員が記載され、世帯主・本籍記載のあるもの)
  6. 合格通知書、入学許可証の写し(新たに進学するかたのみ。入学決定後に提出で可)
  7. 在学証明書(既に大学等に在学中のかたのみ)

注:5.については貸与者本人の住民登録が市外にある場合は、その住民票(世帯全員が記載され、世帯主・本籍記載のあるもの)も添付してください

申込み

受付期間内に(土・日曜日、祝日を除く午前8時30分から午後5時15分)に、教育総務課総括係(電話番号:0276-47-5164)へ

その他の奨学金等について(参考)

  • 日本学生支援機構奨学金についてはこちら(外部サイトにリンクします)
  • その他教育ローン等はこちら

このページに関する問い合わせ先

教育委員会 教育総務課 総括係
電話番号:0276-47-5164
窓口の場所:2階

メールで問い合わせ

このページに関するアンケート

このページは探しやすかったですか?
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。